城巡り

ようやく四国地方も梅雨明けして天気がよくなってきたので、久しぶりに城巡りを再開したいと思います。
716C69C0-A129-47A8-8DE7-2D444D45625F.jpeg
今回の城巡りは愛媛県西条市にある『西条藩陣屋跡』に来ました。
西条藩は私がダウンロードしてる『ニッポン城めぐり』によると、一柳直盛という武将が関ケ原の論功行賞により家康から伊勢の神戸に5万石の領地を賜り、その後、先祖が伊予の河野氏であることから伊予に領地替えを願い出、幕府から6万8600石に加増され、西条を与えられたが、直盛は伊勢から西条に来る途中の大阪で病気のため没し、直盛に与えられた6万8600石の領地は幕命により、長男「直重」に西条藩3万石(西条市)、次男「直家」に川之江藩2万8600石(四国中央市)、三男「直頼」に小松藩1万石(西条市)にそれぞれ分領されたとあります。
西条藩陣屋跡』とは一柳直重を藩祖とする西条藩3万石の藩庁があった所です。
B934128F-658F-4722-A3FD-D10AAAB32FEF.jpeg

19F45D28-CF29-42C2-BEE8-3438B7CF9CFE.jpeg

2138752F-461C-477E-BCCB-01389E220376.jpeg
今は、陣屋の堀と石垣が残り。
CCA3AEBC-CF68-48DB-9DBA-7F47E8F218D2.jpeg
陣屋の大手門は、愛媛県立西条高校の校門になってます。現在は高校の敷地なので勝手に入れませんが、堀の周りを歩いてみるとかなり広く、陣屋の敷地としては平城くらいの敷地があったと推測できます。
A5AA34D9-5460-4DA5-A948-376CA0C73397.jpeg
続いて、『土居構跡』という所にきました。
7C3C932D-67CA-4E7E-9049-5FA8116D8889.jpeg

F63DDE08-800A-4FA9-9A22-407DF1CC6FBB.jpeg

6609FC0B-38C3-4596-8119-25CAD6F2B2D4.jpeg
土居構跡』というのは、城と言うより、室町時代の武家の屋敷と言うのが正しい感じがします。
江戸時代はこの辺の地域の庄屋さんの屋敷だったそうです。一応、西条市の史跡に指定されてますが、現在でも庄屋さんの子孫の方が住まわれてる個人宅でもあるようなので、むやみに屋敷の中に入ったりしてはいけません。お家の人のご迷惑にならないように見学には十分な配慮が必要です。
以上、久しぶりの城巡りでした。

"城巡り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント