映画&ドライブ(広島)&たくのみ

広島へ映画&ドライブです。
画像

画像

高知を出発して、瀬戸大橋の中間の与島SAで休憩します。
画像

まだ早朝なので、駐車場もかなり余裕がありますね
画像

画像

画像

今回も広島に『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち』を見に来ました。第五章 煉獄篇です。
画像

パンフ買っちゃいました。中身はネタバレになるので、秘密です。
画像

画像

画像

入場者プレゼントももらいました。それにしても、いいところで終わってますね。11月まで待ち遠しいです。
画像

昼食は『大和ミュージアム』の向かいにある有料駐車場の二階にあるハイカラ亭で「戦艦霧島の鯨カツレツ」(ライス、スープ付)を食べました。鯨肉なんて久しぶりですね
画像

レストランの前にはこんな物がありました。映画『男たちの大和』で使った高射砲のセットだそうです。「右30度!仰角60度!」なんてね。
画像

画像

実は、『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち』は第五章から四国も上映館が加わったのですが、広島まで来たのは『大和ミュージアム』の企画展が見学したかったからです。
画像

画像

帰りは、しまなみ海道から四国に帰ります。上の写真は実写の因島大橋とアニメ『ろんぐらいだぁす!』(最終回)の因島大橋です。実写の方は写真の右下にサイクリングロードが写ってますがわかりますか?
画像

画像

しまなみ海道を通ると必ず『はっさく大福』を買って帰る、はっさく屋です。ここも『ろんぐらいだぁす!』に登場しました。
画像

ここは、お土産だけなく店内で食べることもできます。「いただきまぁす」
画像

ん~やっぱりこれよねぇ~


続いて、『たくのみ』いきます。
画像

四国のヤマトファンとしては、四国では第五章 煉獄篇から『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち』の上映館が加わった記念すべき回なので、とっておきの酒で祝杯をあげたいと思います。
銀盤酒造(富山県)の『米の芯』です。
私がブログを始める時に参考にさせてもらったヤマトファンの人が「とっても、美味い酒だ」と紹介してくれました。
早速、木箱を開けてみます。
画像

ジャーン!
画像

おお!ブランデーのような瓶に入ってますね!
画像

注いでみました。それでは、沖田艦長に祝杯の音頭をとって頂きましょう。
画像

「では諸君!宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たちの四国上映を祝して!乾杯!」
画像

「かんぱーい!」
画像

画像

おう!ベリーデリシャス!って、なんで英語(笑)
画像

画像

画像

日本酒の美味さは精米歩合で決まるそうです。精米歩合のパーセンテージの数値が低いほど米の芯核の部分を使った良い日本酒になるのだそうです。
この前、たくのみブログで紹介した『土佐鶴 純米新酒』は精米歩合65%でしたが、『米の芯 純米大吟醸原酒』は35%ですね。文字通り米の芯だけを贅沢に使ってます。
画像

肴は、カツオのタタキいっちゃいまぁす!いただきまぁす!
画像

やっぱり日本酒には魚が合いますね。

"映画&ドライブ(広島)&たくのみ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント