城巡り②

今回は城巡り②として、備中高松城をアップしたいと思います。四国で松山城と高松城を巡ろうと思ったら1日かけないと無理ですが、岡山では半日もあれば楽勝に巡れます(笑)
2D806E8C-30AA-4AE9-97FB-5F0F1F3CE295.jpeg

495501F6-3A95-47D5-ACA9-28A7C91657C9.jpeg

ABD74B3F-158F-42FB-BE04-D2747A9BC942.jpeg

740FC495-9F46-41C5-A3C3-22E2F26BA308.jpeg

8EE667BE-1E77-4A62-8C44-C0A747E56CD7.jpeg
備中高松城の址は公園になっていて、公園内には無料の駐車場と資料館が整備されてます。資料館の開館時間は午前9時から午後3時までです。ここで御城印を販売してますが、閉館時間が早いので御城印を買われる場合は気をつけて下さいね。
AD7872BB-2060-4DAE-8B92-664F63A0C2F3.jpeg
二の丸跡は普通に畑になってます。
C8BE7AFC-03E5-40FE-B918-92345EB877E4.jpeg

B3A3F200-3204-4E41-A7FA-8597B39F32D5.jpeg

D3B688CF-3E2A-43E8-81E0-06F912C634AB.jpeg

BFC35C16-58C7-4E81-8F0E-029D24E733CD.jpeg
備中高松城の城将「清水宗治」の首塚です。もとは秀吉の本陣跡にあったらしいのですが、現在は備中高松城の本丸跡で供養されてます。
5F717ED8-D6BD-430D-AE34-D078200C6A30.jpeg
場所を移動して、羽柴秀吉本陣跡に行ってみたいと思います。備中高松城から秀吉本陣の場所を示す幟が見えますが、本陣に登る入口がとてもわかりにくい上に、このようなけもの道ような山道なので、夏場は虫とかヘビが出ると思いますね。夏場は秀吉本陣の見学は控えたほうがいいかもです。
57E0E249-5E50-49C6-B602-04B96D1747F3.jpeg

964A7897-674A-4CED-820E-69836F1F954B.jpeg
秀吉の本陣まで登って来ました。山自体はそんなに高くないですが、道が整備されてないので歩きにくかったです。
89D17F1A-27E6-41BE-91C0-8AE3A5592381.jpeg
秀吉が自分の馬を留めた所とされてますが、雑草が生い茂っていて立ち入ることができませんでした。
623BCF54-0C5D-443B-8651-B8C2320BF6AB.jpeg
秀吉はこの本陣で自害した敵将「清水宗治」の首実験をしたそうです。
D17A3035-2DD7-4675-B8EA-FBE2E65D32DB.jpeg
秀吉本陣から備中高松址を眺めます。ここに秀吉がいた時、あの!本能寺の変が起きてるんですよね。秀吉はその報告をどんな想いで聞いたのか?ここに立ってみて、そう思いました。
9F30170D-C92A-410A-B277-F70D3531DADE.jpeg

4E3147F7-1B9B-4EF0-976B-90067ED7B8C4.jpeg
今回の城巡りの御城印です。備中高松城の御城印は清水宗治が描かれてますね。御城印に人物が描かれているのは珍しいんじゃないかな?
814EF9BC-EA00-4FD1-80CF-D36D4090ED3F.jpeg
そして、今回のドライブのおみやげです。もちろん自分用です。人にあげるおみやげは買わない主義なので。
以上、今回の城巡りでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2021年02月17日 22:11
ぽこぽこさんのブログ拝見しました。ついに『しまなみ海道』までのJRの乗車券を購入したようです。
いよいよ『ろんぐらいだぁす!』最終回の聖地巡り実行の時が来たようです。
3月だとブログに書いてありました。
夜桜お八
2021年02月18日 07:36
坂の上の蜘蛛さま
 備中高松城跡の横(住宅地)に清水宗治の胴塚もありますが、行かれましたか。

 資料館の人が話してくれましたが、岡山地方に大雨が降った時(「晴れの国」岡山では滅多にないこと)、城跡一帯は完全に水浸しだったそうです。つまり最初から「守るための水浸し」を前提にした城で、黒田官兵衛(如水)の計略による水攻めは後世の脚色なのだと。確かに、重機のない時代。いくら人海戦術を駆使しても大堤防は築けません。

 以下、私が聞いた陸上自衛隊施設隊(工兵)関係者の話です。
 
 訓練で長さ百メートル、深さ二メートルの塹壕(こんな小さな塹壕、実戦では役に立ちませんが)を掘るだけで、重機を使って(!)屈強な隊員が八十人で作業しても、たっぷり六時間かかる。

 なるほどと合点。

 私は、お土産に近くの店でマスカットと桃を買いました。

ぽこぽこさま
 お気をつけて行ってらっしゃいませ。JRは新幹線以外ほぼ乗らなくなって久しい。昔のように周遊券(周遊区間内なら特急自由席にも乗り放題)があればいいのに。
夜桜お八
2021年02月18日 09:25
訂正です。
 長さ百メートル⇒五百メートル。

 地面を掘り返すというのが如何に重労働か、よく分かる数字だと思います。重機があってもです。近所で道路工事をしているのを見かけますが、あれも大変な重労働。ああしてメンテしないと道路が維持できない。

 今回の地震で生じた常磐自動車道の土砂崩れ(のり面崩落)も、あの規模を見れば早期復旧は奇跡に近い。重機を駆使してベテランが不眠不休の突貫工事をしたのですが、それでも仮復旧レベルだとニュースが言っていました。

 
2021年02月18日 14:15
夜桜お八さん、コメントありがとうございます。

> 備中高松城跡の横(住宅地)に清水宗治の胴塚もありますが、行かれましたか。

私が車を留めた駐車場と本丸跡を挟んで反対側にありましたが、行ってみました。
資料館では、同じことを聞きました。備中高松城は雨が降ると水没する浮き城だと。同じような城では忍城もそうだと聞きました。
備中高松城も忍城も秀吉や三成が水攻めしたのではなく、最初からそういう城だったということですよね。

備中松山城の御城主様の名前ですが、備中松山藩出身の新撰組七番隊長の谷三十朗と備中松山城の三の丸で見つかったことからきてるようです。
新撰組の隊長と言えば、一番隊長の沖田総司が有名ですが、新撰組は何番隊長までいたんでしょうかね?
2021年02月18日 18:53
坂の上の蜘蛛さん、こんばんは。
高松城の水攻め…軍師官兵衛でもありましたね。

さんじゅーろー、アイドル扱いですね(笑)。
夜桜お八
2021年02月18日 19:17
坂の上の蜘蛛さま
 新選組のことは余り知りませんが、十番隊くらいまであったような気がします。そもそも新選組がこんなに有名になり人気を博したのは、司馬遼太郎『新選組血風録』以降です。龍馬人気と同じで、司馬さんの小説が元になっている新選組ブーム。それ以前はチンピラ・ゴロツキの集まりというのが定評。京都の人からは壬生の屯所にいたから壬生浪(みぶろう)と言われ蔑まれた。

 実は中学の修学旅行(関東の学校は京都・奈良)で、同じ班に新選組オタク(というより狂い)の女子がいて、私も付き合わされた。壬生の屯所跡に行く中坊なんか他にいませんよ(笑)。土方歳三のイケメンぶり(事実イケメンですが・・)にメロメロ。
 これがホントの中二病だと思いましたね(呆)。

 関東の新撰組聖地は東京都調布市です。土方歳三の子孫が記念館を運営しています。周囲には土方さんが多い。

 池田屋事件のあった池田屋跡は現在、居酒屋です。「華の舞 池田屋」という店。玄関を入ると大階段がある。時間と値段の決まったコースもあって「土方歳三コース」「沖田総司コース」等々。
 一回行ったことがありますが、正直、面食らいました。
 
 私的には、もう新選組は完全に食傷です。実は私も彼らをテロリスト集団だと思っていますので。食いっぱぐれた農民がドサクサまぐれに武士株を買って武士を気取ったが、時代に取り残され自滅した。
 ある意味悲劇でした。
 
 
2021年02月18日 20:53
ん~城跡だと、イメージするしかないですね。水攻め?お堀が大きいということですかね?
夜桜お八
2021年02月18日 21:09
 ぽこぽこさまのブログを改めて拝見、JR乗車券にサンライズ瀬戸とあるのを見て、かつての夜行寝台特急全盛時代を思い出しました。

 東京駅を夕方に発車する一群の夜行寝台特急を世間はブルートレインと呼んでいました。客車が青かったからです。九州寝台とも言われた。昭和四~五十年代のサラリーマンが九州へ主張するときは、ほぼお世話になっている筈。あさかぜ(博多)、はやぶさ(西鹿児島)、さくら(佐世保・長崎)、瀬戸(宇野)、いずも(出雲市)、富士(宮崎~西鹿児島)など。
 懐かしい名前ばかり。

 やがて飛行機や高速バスの普及によって淘汰され消えていきましたが、その名残がサンライズ瀬戸とサンライズ出雲。案外ビジネスマンも使っているようですが、今ではやはり圧倒的に飛行機が強い。

 私は一回しか乗ったことがないです。確か、はやぶさ号で熊本まで行ったと思います。もちろんB寝台。カーテンだけが仕切り(国際的には簡易寝台=クシェット)で、今思えばお粗末な設備だったが独特の旅情があった。

 一回三陸鉄道に乗りたいのですが、今回の地震の被害が無かったことを祈ります。
2021年02月18日 22:17
とある星人さん、コメント&気持玉ありがとうございます。
そうですね!さんじゅーろー様が居付いてから西日本豪雨以来、客足が落ちていた備中松山城の客足がVの字回復したらしいですからね。まさに、客招き猫ですよね(笑)

クリアファイルや煎餅くらいできてもおかしくないでしょう。
2021年02月18日 22:26
夜桜お八さんへ、私も函館に旅行した時、『五稜郭』で土方歳三の写真を見ました。今の世でもイケメンで通じるイケメンですよね。かたや、近藤局長はエラが張ってて、野球のホームベースみたいな感じの顔ですね(笑)

新撰組が活躍した幕末は武士の最後の時代。
このあと日本は明治維新を迎え、軍隊も西洋風に近代化され、武士というものが必要とされなくなりますよね。

私は高知の人間なので、新撰組などの佐幕派より薩摩、長州、土佐などの倒幕派に惹かれます。
2021年02月18日 22:36
nas-nasさん、コメントありがとうございます。
う~ん・・・なんて言うのかな?備中高松城は水浸しになることを想定して作られた城らしいんですよ。
つまり、雨が降れば、わざとに水浸しになって敵を寄せ付けないように作られた城。遠くから見れば、城が水の中に浮いているように見えるので「浮き城」とも呼ばれています。
2021年02月18日 23:03
坂の上の蜘蛛さん、こんばんは。
「備中高松城」戦国時代が好きな人には、記憶に残る城の名前ですよね。
2021年02月18日 23:10
日々散財さん、コメントありがとうございます。
そうですね!秀吉の水攻め作戦は後世の脚色のようですが、少なくとも秀吉が備中高松城を攻めている最中に、あの!本能寺の変が起こっているわけですから、戦国ファンにはインパクトのある城ですよね。
ぽこぽこ
2021年02月19日 12:45
坂の上の蜘蛛さま、夜桜お八さま
ブログにお越し頂き、ありがとうございます。
色々、不安材料はあるのですが、取り敢えず「足」と宿を確保しました。
実行できると良いのですが。

サンライズ瀬戸、前から乗ってみたいと思っていたので帰りはこれにしました。
何かで見かけたのですが、サンライズ瀬戸とサンライズ出雲は国内最後の寝台列車だとか。

寝台列車には思い出があるんですよね。
まだ小学生の低学年の頃のことです。両親の実家が富山県の八尾でしたので、お盆で田舎に行く時は寝台列車を使う事が多かったのです。埼玉から富山への移動は、当時は一日がかりでした。母親も小さな子供を連れて行く行くのに、寝台列車なら子供を寝かし付けてしまえば面倒がなかったからなのでしょう。
なので、寝台列車と言うと田舎に行く時の楽しい思い出につながるんですよ。(^∇^)
2021年02月19日 16:23
ぽこぽこさん、コメントありがとうございます。ホント、昔はそうでしたね。今でこそ、大阪は早朝に高知を出発すれば、お昼前には着いて、夕方の新幹線に乗れば日帰りできますが、昔は最低1泊しないと無理でしたからね。便利な世の中になったものです。
今回のブログの岡山だって、本四架橋のおかげでドライブコースになりました。昔なら考えられませんよ。

話しを戻しますが、しまなみ海道『ろんぐらいだぁす!』聖地巡り、是非とも実現してくださいね。乗車券と宿を確保したなら、もうやるっきゃないでしょう!
ぽこぽこ
2021年02月19日 20:04
話は全然違いますが、
宇宙飛行士の野口さんがこんなツイートをしてましたよ。
国際宇宙ステーションからのツイートできるなんて、思えば凄いコトですよね。

https://twitter.com/Astro_Soichi/status/1362362907791552517?s=09

それから、大洗のシーサイドステーションにあったガルパンギャラリーが移動して広くなったそうですよ。5月には展示品も更に充実するようです。

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1307529.html
夜桜お八
2021年02月19日 20:39
 緊急事態宣言中、というか会社を辞めてからほぼ初めて都心にゆっくり出ました。仕事抜きで心置きなくエンジョイ出来る幸せ。

 アキバで模型店をゆっくり巡礼。フジミ艦NEXT「大和」最終時に、甲板を黒く塗った新バージョン登場。私が作ったキットは木甲板色(タン)バージョン。タンとは木甲板色のことです。

 史実では最終出撃時、木甲板は黒で塗装され、艦体のフレーム位置を白いマークで示していた(艦橋から損害箇所をすぐ把握するため)。当然、弾片を除けるため高角砲・機銃の周りは土嚢が積み上げられ、ロープが張られていたでしょう。そしてマストには楠公の軍旗「非理法権天」の幟。未確認ですが煙突には菊水の流れ。
 
 でも私は死に装束のようで好きではない。
 せめて美しい姿でという気持ちは大和ミュージアムも同じだったらしく、十分の一復元時は「呉海軍工廠からの最後の出渠時(昭和二十年三月)」を再現することに決まった経緯があるそうです。

 帰りは皇居前広場の楠公騎馬像(高村光雲作)を見ました。先日千早赤坂村で生誕地と奉建塔を見、神戸で湊川神社に参拝してきたばかり。
 感慨一入。

 人出の少ない都心。アキバも最盛期とは程遠い。まるで火が消えたよう。何か明るいニュースが欲しいと切実に思います。

2021年02月19日 21:28
ぽこぽこさんへ、おお!これは素晴らしいですね。
でも、こうして見ると高知はホントに平野がないなぁ~

ガルパンギャラリー、行ってみたいです。今年も関東におじゃまできるといいなぁ~
2021年02月19日 21:35
夜桜お八さんへ、久しぶりの都心はどうでしたか?アキバには興味がありますが、都心はどうも苦手で。次の関東旅行も都心を外した旅行をと考えてます。
今年もおじゃまできるといいなぁ~まだ具体的には決めてませんが、行くとしたら日暮れが遅い、6月、7月、8月がいいと思ってますが、五輪の関係でどうなることやら。

いっそ中止になればいいのに。
夜桜お八
2021年02月19日 22:42
坂の上の蜘蛛さま
 私は都心(文京区)で生まれ育ち人ごみは空気のように当然という感覚だったのですが、久々に都心に出ると少し圧迫感を感じます。人多過ぎと。普段よりずっと閑散としているのにです。
 静かな環境になれた証拠でしょう。

 大洗行き、水戸のホテルに安く泊まって臨海鉄道に乗るのが一番かと思います。たった三駅で着きますし。水戸藩史によほど強い関心のある方は別ですが、そうでもない方は水戸城址・弘道館(JR水戸駅近く)、偕楽園・常磐神社・徳川ミュージアム(JR水戸駅からバス)を見れば十分でしょう。ちなみに水戸市内のバスは『ガルパン』にも登場する茨城交通です。

 大洗の宿、調べたら結構高かったので。戦車が突っ込んで壊した肴屋さんも、『ガルパンプラン』と銘打ちつつ結構取るんです。まあ割烹旅館だから仕方ないか・・・。
2021年02月20日 23:00
夜桜お八さんへ、私も今度関東旅行するなら大洗には絶対に行こうと思ってます。
水戸市内は、「偕楽園」「水戸城址」「弘道館」は行こうと思ってましたが、「徳川ミュージアム」という施設があるのは知りませんでした。興味あります。是非見学したいですね。