ファイルマガジン

ファイルマガジン『日本の城 DVDコレクション』第22号は相模の名城「小田原城」と秀吉の一夜城「石垣山城」です。
04BC5078-1974-4B0A-9AEA-3CC54DFB73CF.jpeg

DE01D678-9EBE-4953-8EE4-4D695F70C4F4.jpeg
やっぱり、自分が実際行った城がファイルマガジンに登場すると、特別に感じます。DC3BEDC9-4F7B-4C14-91DC-B8DF2E62AF33.jpeg

98857C6F-3BD3-4780-9EF7-39932090E3D5.jpeg
馬出門枡形の中はこんな感じです。
D029E551-466F-48E0-8550-0A3EE964A135.jpeg

67A7856F-02E7-4B90-AD1F-870BEB55910B.jpeg

7CAE83D6-C000-4553-83EA-0011243C3F44.jpeg

87361BC8-9DD4-4A7C-8BC7-322E86339560.jpeg
天守から見た、小田原の街と相模湾は本当に素晴らしかったです。
2172A471-137B-406F-BBE8-BC89CCD26DC7.jpeg
北条方のド肝を抜いた「石垣山城」、このファイルマガジンの記事によると、秀吉は築城の様子が北条方に見えないように木で隠し、城が出来上がると同時に木を払い、その陣城を北条方に見せつけたということです。この石垣山には、伊達政宗は遅れて参陣し、自らの磔柱を用意し、死装束を着用して現れたというエピソードもあったと記憶してます。
3040BC7E-9B94-4C4A-B759-339E0E0B4242.jpeg
豊臣軍は小田原城を文字通り「アリの這い出る隙間もない」ほどの20万の軍勢で取り囲んだようですね。この北条包囲網には、土佐に縁がある長曽我部元親や山内一豊、そして、黒田孝高(官兵衛)、岡山城主宇喜多秀家、後の小田原藩主大久保忠世の名前も見受けられます。本当に名だたる戦国武将のオールスター軍団です。それを束ねる、太閤秀吉の威光勢力は恐るべしですね。
そう言えば、石垣山城跡には行ってなかったです。次の関東旅行の機会があれば、忘れずに見学したいです。
以上、ファイルマガジン『日本の城 DVDコレクション』でした。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年12月26日 20:06
坂の上の蜘蛛さん、こんばんは。
姫路城も白くて美しい城ですが、小田原城も綺麗ですよね。
上杉や武田もそうだし、こんだけ色んな名だたる武将に攻められた城もないでしょう。
夜桜お八
2020年12月26日 20:40
 地元神奈川県民としては、鉄筋コンクリート製のつまらない城というイメージしかなかった小田原城。隣に大温泉街・箱根を控える「箱根登山の兵站基地」のような小田原は、観光客が素通りしてしまう街。城に行く人も少ない。新幹線「のぞみ」は停まりませんし。
 私など小田原と言われて思い浮かぶのは、鈴廣の蒲鉾(かまぼこ)くらい。

 正月恒例の箱根駅伝も、来年は観客無しだそうです。

 私も一回、小田原城(天守が修復された)に行ってみようと思います。
2020年12月26日 21:00
とある星人さん、コメント&気持玉ありがとうございます。
上杉謙信や武田信玄に攻められても落城しなかった小田原城ですが、秀吉の小田原攻めは軍の規模が違いますし、戦国時代を勝ち抜いてきた強者ばかりですから、さすがの小田原城も落城しましたよね。
2020年12月26日 21:07
夜桜お八さん、コメントありがとうございます。アハハ!現存12天守以外の全国の城は、愛媛の大州城のような木造復元城もありますが、ほとんど鉄筋コンクリートの復元城か模擬城ですよね。
こう言ってはなんですが、あの!名古屋城や熊本城も小田原城と同じ鉄筋コンクリートの城ですからね(笑)

夜桜お八
2020年12月27日 09:33
 小田原攻めの総兵力が、そのまま海を渡った朝鮮の役。

 面白い動画を見つけました。隣国の捏造戦史に日本人は完全に騙されていた。何が英雄李舜臣だ。大ウソも大概にせよ(怒)。戦闘は日本軍の圧勝ではないか。露梁海戦の真実。
 https://www.youtube.com/watch?v=y6Kk_uXr2Og

 一事が万事この通り。
 おかしなタブーで朝鮮戦役の真実が霞んでしまっていますが、戦国武将の強さは桁外れです。半端な強さではない。作戦方針と兵站さえシッカリしていたら、明国征服も夢ではなかったのでは。

 「天下分け目の関ヶ原」は正直、政治工作による不戦勝に近かったですからね。ガチの戦闘を知りたければ朝鮮戦役をもっと詳しく研究すべきです。
夜桜お八
2020年12月27日 10:06
ぽこぽこさま
 超遅レスになってしまい申し訳ありません。Ⅲ突とTⅡのエンジン始動風景ですが、年一回あるイベント時の映像です。古いエンジンだから普段から整備しておかないと絶対かかってくれない、おカネがかかって大変だとソミュール戦車博物館の人は言っていましたが、向こうはそれを容認する文化。
 戦争ばかり繰り返してきた欧州人ならでは。

 しまなみ海道、私はクルマで走るのがせいぜい。チャリンコをこぐ体力は残って入そうにありません(苦笑)。
2020年12月27日 12:07
夜桜お八さんへ、これは要するに、露梁海戦は日本にとっては小西行長たちを脱出させるための援護の戦いであって、その目的を果たしたから撤退したに過ぎず、決して、敗走での撤退ではない。
しかも、明の司令官も李舜臣も戦いの初戦で戦死してるらしく、K国の言う明、朝鮮軍の圧勝でもなく、李舜臣も英雄などと言うにはほど遠い体たらくだった。と言う風に解釈できますね。
夜桜お八
2020年12月27日 12:31
坂の上の蜘蛛さま
 「鷺を烏と言いくるめる(白いものを黒いと言いくるめる)」という表現そのままですね。でも、これが宣伝の極意。「ウソも百回繰り返せば本当になる」という例え通り。

 でも真実は一つなんです。メディアに騙されないためには、自分が勉強するしかない。それにしても負け戦の言い訳ならともかく、勝利と言い張るとは・・・。絶句してしまう。

 朝鮮役で日本軍が負けたのは平壌城の小西行長くらいではないか。碧蹄館の大勝利(立花宗茂の大奮戦)のようなワンサイドゲームが大多数だったと思います。
 国内戦の延長感覚で、兵站(補給)が続かなくなったのが敗因。

 東郷元帥かバルチック艦隊を迎撃すべく朝鮮・鎮海湾を出撃する時「李舜臣の霊に祈った」と司馬遼太郎氏(坂の上の雲)が書いていますが、どうもウソ臭い。東郷元帥(或いは海軍の誰か)が朝〇人の捏造戦史を信じていたか、全くの創作か、どっちか(と私は考えます)。

 戦国武将オールスターズの朝鮮役は、なぜこんなに触れられる機会が少ないのか。要は日本の大勝利、K・Cの大負けの連続だから触れられては困るのでしょう。

 十七世紀初頭の日本の軍事力は、掛け値なしに世界最強だった。
2020年12月27日 15:34
夜桜お八さんへ、小説『坂の上の雲』の東郷長官のエピソードは、おそらく、司馬遼太郎さんのフィクションだろうと思ってます。

K国は、秀吉の朝鮮出兵まで謝罪しろ!と言ってるが、それを言うなら、元寇の役で大モンゴル帝国の先兵となって日本を侵略したK国はどうなんだ!と言いたいです。
夜桜お八
2020年12月27日 17:07
坂の上の蜘蛛さま
 現在K国の誰もが知る「英雄」の李舜臣は、実は朝鮮王朝ではずっと忘れられていたらしい。明治になって日本人から名を聞き「李舜臣、誰それ?」と質問したくらいだったと、朝〇史に詳しい人が書いています。
 
 結局李舜臣の「戦功」は作り話だったから、彼らも「記憶する価値なし」として語り継がなかったのでしょう。

 一時期ですが、大和ミュージアムに李舜臣のキッコーマン(亀甲萬)じゃなかった、亀甲船が展示されていたことがあったそうですが、さすがに日本人から抗議が来てひっこめたと聞き及んでいます。石坂浩二氏が私費で購入した「長門」軍艦旗を寄贈してくれたことも大きい。
 本物のインテリ・石坂浩二氏に感謝です。

 織田信長が鉄張り軍艦を造っているのは有名だが、真っ当な製鉄技術などあったかどうか怪しい李氏朝鮮でそんなモノが本当に建造できたのか。
 疑問だらけ。

 
2020年12月27日 19:40
自分が行ったことのある所が本やテレビに出ると、見入ってしまいますよね。
2020年12月27日 20:32
夜桜お八さんへ、それはそうだと思います。インチキ臭い半島の英雄の船など『大和ミュージアム』には相応しくないです。

李舜臣の亀甲船?かなり怪しいですね。秀吉の朝鮮出兵でも兵站基地にもなってない遅れた半島でそんな軍艦を造れたとは、とても思えないです。
2020年12月27日 20:34
nas-nasさん、コメントありがとうございます。そうなんですよ。自分が行ったことのある城は、つい知ったかぶりして家族や友人に語ったりなんかしてね(笑)
ぽこぽこ
2020年12月27日 23:32
夜桜お八さま
お返事ありがとうございます。
古いモノを良好な状態で維持するのは大変なんでしょうね。
「世界で唯一」といえば、米プレーンズ・オブ・フェイム航空博物館所有の世界で唯一のオリジナル状態で飛行可能な零戦。
数年前にオーバーホールに入ったというような記事を見かけたのですが、もう復帰したのかしら?
いつまでまでも元気に飛んで欲しいですね。
夜桜お八
2020年12月28日 20:10
 1月4日からTOKYO MXで『宇宙よりも遠い場所』を再放送するそうです。遅まきながら観るつもり。レンタル屋にない作品ですので。

 砕氷艦「しらせ」ゆかりの名である、日本人初の南極到達者・白瀬矗(しらせ・のぶ)中尉のことを少し調べました。教導団(下士官兵を育成)出身の叩き上げ将校で、しかも兵科は輜重(しちょう)科。
 
 旧陸軍では「輜重兵が兵隊ならば、蝶々トンボも鳥のうち」と馬鹿にされた輜重科。一番大切なのは兵站なのに、ひどい言い方だと思います。八甲田山雪中行軍の悲劇も、元をただせば兵站感覚、情報感覚のお粗末さが招いた人災だった。偶然ですが、八甲田山の悲劇の主人公・神成文吉大尉も教導団上がりの叩き上げ士官でした。

 さて、白瀬は教導団時代、児玉源太郎の知遇を得たことが運命の転機に。探検家の道に踏み出したのも児玉の言葉が原因だったそうです。日露戦争に出征し黒溝台会戦で負傷。南極探検後の後半生は不遇で、探検費用を弁済するため余生を費やしたとか。当時は国の援助など無かったし、そもそも南極へ行く意味さえ理解されない時代。

 聖地は群馬県館林らしいです。分福茶釜で有名な茂林寺(もりんじ)があります。
2020年12月28日 20:58
夜桜お八さんへ、おお!それはいいですね。ぜひともご覧になって下さい。『宇宙よりも遠い場所』は『ガルパン』、『ハイフリ』クラスの秀作だと思ってます。わずか12話のアニメですが、第2期を作る必要などないと思えるほど完成度も高いと坂の上の蜘蛛は評価してます。

兵站を軽視して、うまくいった軍などありましたっけ?秀吉の唐入りも兵站基地にもならない半島を橋頭堡にしようとして失敗してますよね。

夜桜お八
2020年12月28日 22:09
坂の上の蜘蛛さま
 ホントにラッキーです。コロナ禍のせいで新規作品収録予定が狂ったためでしょうか、過去作品の再放送が目立つような気がします。

 最後の遣独潜水艦「伊五二」発見ドキュメント。
 https://www.youtube.com/watch?v=tvaeux2VkL4

 大西洋のど真ん中にまで日本の艦が沈んでいることを忘れてはならないと思います。
2020年12月29日 10:02
夜桜お八さんへ、私も昨夜『宇宙よりも遠い場所』を見ました。見始めると止まらなくなって、気がつくと12話の半分の6話まで見て、午前2時になってました。
リアルタイムで見てる時は気がつかなかったんですが、たしかに、館林駅や茂林寺駅らしき小さな駅、そして、狸の焼き物が映ってますね。ということは、キマリちゃんや報瀬(しらせ)ちゃんが通っていた高校のモデルになった高校も存在するんでしょうね。

伊52潜の映像、感激しました。洋の東西を問わず戦死者への哀悼の意を表すのは大事なことですね。
2020年12月29日 10:19
坂の上の蜘蛛さん、おはようございます。
戦国大名総選挙、見ました。
結局、織田信長でしたね。
それにしても長曾我部元親とか居なかったですね。
2020年12月29日 11:43
とある星人さんへ、情報ありがとうございます。高知では放送がなかったですから、おそらく、テレビ朝日かテレビ東京の番組だったのでしょう。
私の好きな戦国武将は、長曽我部元親、織田信長、武田信玄、黒田官兵衛、伊達政宗、真田信繁です。
2020年12月29日 21:19
坂の上の蜘蛛さん、こんばんは。

テレビ朝日ですね。
一応、結果がこちら
☟☟☟☟☟☟☟☟
https://shirobito.jp/article/1239
今回は「武将」じゃなくて「大名」なので、真田昌幸があっても真田信繫はいないんですよね。もちろん直江兼続もいません。
大名だったら、長曾我部元親や山内一豊なんかも上位じゃなくても入ってても良かったとは思うんですがね。
2020年12月29日 21:25
とある星人さんへ、なるほど、城持ち、国持ちというのが、基準だったんですね。