『からかい上手の高木さん』聖地巡り

土曜日(11月28日)に小豆島(しょうどしま)にドライブしました。目的は土庄町(とのしょうちょう)にある、『からかい上手の高木さん』の舞台になった場所を巡る「聖地巡り」です。
E665703A-BD0D-469F-AE40-FFB8CD2357CD.jpeg
小豆島へは、高松港からフェリーで渡ります。正面に見えてるのが小豆島です。
6C24FB8F-C318-43DB-99D0-D1188BDF9762.jpeg
『からかい上手の高木さん』の原作マンガは、大洗町(ガルパン)、飯能市(ヤマノススメ)、横須賀市(ハイフリ)のように、最初から小豆島を舞台として設定されてたわけではなく、アニメ化する段階で、小豆島の景色が描かれてるんですよね。スタッフさんに小豆島出身の人でもいたのかな?
90B4D03E-334A-46CC-A09E-53E5647FD5A3.jpeg

D5B52370-0E63-49E6-9E38-867826151D0D.jpeg

29D8BA95-15C3-435A-8F85-62D21C57B3EA.jpeg

09C7F4E6-414A-4DE5-B2D3-A5ACFD73E9B9.jpeg
まずは、『からかい上手の高木さん』のオープニングに登場してる、「エンジェルロード」です。ここは、海が干潮になると、このような砂の道ができ、対岸の小島まで渡れるようになります。けっこう長い時間、繋がってますが、無計画に行っても満潮の時は見られないので、小豆島の満潮と干潮の時刻は調べておきましょう。
BBEB561F-C1B0-4218-9AF6-A4DE2ACF3172.jpeg
カップルや女性同士のグループが多くて、オッサンひとりは場違いな場所です(笑)
25657D92-4453-427A-9B46-20763BF080D4.jpeg

DE58988A-C838-460B-97A1-08080FDA6120.jpeg

6EB81032-EE37-4519-A234-32400CE9C6EB.jpeg
ここは、西片くんがだれにも知られないように、こっそりと少女マンガを買っていた本屋さんです。でも、いつものように、しっかり高木さんに見られてましたけどね。エンジェルロードのすぐ近くにあります。
8A5F20F1-8439-4C16-9F84-BF9304BE0FFC.jpeg

B1155188-2016-4BB2-A6C3-2156A40F330C.jpeg

53565345-D707-4548-B0AE-8492517CF3FE.jpeg

48C2C150-C6AD-472F-80B6-B27CEB712661.jpeg
ここは、西片くんや高木さんが通う中学校のモデルになった「土庄中学校」です。
A32C0848-8108-4C99-BB12-C8237E46F0CE.jpeg

3631DB4B-1A3B-4444-BA59-F8C50482FD57.jpeg

B929FF6D-22DA-43BD-975B-6000B5E4EFBB.jpeg

0C3C07D4-97F1-41D7-A084-37CB742752CF.jpeg

F9135DED-378D-4548-A278-15576146EC29.jpeg

FA497B40-B5EA-43A2-8606-90C6EF128F72.jpeg
「土庄中学校」の近くにある「八幡橋」(やはたばし)です。通学路として描かれてました。
14F1A20C-36CB-499A-A6CF-CA2C74877985.jpeg

A417C094-85E2-4346-94CC-9659ED81108F.jpeg
ここは、西片くんと高木さんが二人でいた神社です。「鹿島明神社」と言います。
250FC8B5-D9BD-4BA8-9EE7-C347E2BDD172.jpeg

9983C1AB-12EA-4658-A6CF-763EB73BB19B.jpeg

7E1FCF24-127B-4EA6-8662-56944F314AA6.jpeg
ちゃっかり「からかい上手の高木さんの舞台のモデルになった神社」とアピールしちゃってますよ(笑)F7527DA8-0117-4C86-85F2-3583F2B951EF.jpeg

7FCEDD09-9BDB-4A7B-915D-B4C9D4C9F760.jpeg
神社のすぐ前の海岸沿いの道路です。西片くんたちの中学校のマラソンコースとして描かれてました。
時間の都合で、このくらいしか巡れてませんが、『からかい上手の高木さん』に登場した小豆島の景色はまだありますので、機会があれば、また小豆島に来たいです。『大阪城残石記念公園』に行けなかったのが、なんとも残念なので。
以上、アニメの聖地巡りでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

2020年11月29日 19:31
坂の上の蜘蛛さん、こんばんは。
こうやって実際の場所と見比べると面白いですね♪
さすがにエンジェルロードは私の歳で行くのは場違いですけど、渡ってみたい気はしますね。
今度は『放課後ていぼう日誌』の聖地「熊本県芦北町」とかどうですか?なんてね(笑)。
2020年11月29日 19:31
小豆島行ってみたいのですが、フェリーに乗らないといけないので、チョッとハードルが上がってしまいます。それも楽しそうなんですけどね。
ぽこぽこ
2020年11月29日 20:24
小豆島(しょうどしま)でしたか。「あずきじま」かと思ってました。恥ずかしい。(笑)

エンジェルロードはアベックばっかりでしたか。そう言えば「ヤマノススメ サードシーズン」で女子2人だけで行ったら周りはアベックばかりって所がありましたよね。筑波山でしたっけ。
2020年11月29日 21:20
とある星人さん、コメント&気持玉ありがとうございます。
エンジェルロード、場違いな気もしましたが、「ここには『からかい上手の高木さん』の聖地巡りで来たんだ!悪いか!」と開き直ってました(笑)

『放課後ていぼう日誌』の聖地「熊本県芦北町」は熊本城の天守に入場できるようになってから行きたいと思ってますよ。とりあえず、来年は『ガルパン』の大洗に行けたらいいなぁ~と思ってます。
夜桜お八
2020年11月29日 21:20
 小豆島というと壺井栄『二十四の瞳』を思い出します。あとは大阪城築城残石とオリーブ油。パスタ作るのに小豆島産のオリーブ油を使ったので。もちろん行ったことはありませぬ。

 三崎口は京急の終点で、快速急行(最速達列車)も三崎口行きです。もっとも横須賀中央から二つ先の堀ノ内駅から各駅停車になってしまうのですが。とにかく中途半端な場所で、観光名所の城ケ島へは京急バスに乗り継がねばならない。本当に何であんな場所で線路が終わっているのやら。
 私も横須賀中央から南へ電車で行くことはまずないです。というか三浦半島自体めったにいかない。何もないので(苦笑)。

 先日、那覇でゆいレール(沖縄都市モノレール)に乗った時、京急カラーの車体があって仰天。「羽田空港から都心へは京急を利用して」というCMです。まさか沖縄で京急にお目にかかるとは。

 今日の夕飯は、友人と海軍カレー本舗。私はいつもの金剛カレーでした。帰りはヴェルニー公園を散歩しつつ、友人をJR横須賀駅まで送って行きました。もちろんたき火ポイントも通過。
 
 テレビ版『ハイフリ』BD-BOX、買おうと思います。

 

 

 
2020年11月29日 21:25
nas-nasさん、コメントありがとうございます。nas-nasさん命名の「アニメの実写の景色シリーズ」です。
私も行く前はフェリー、少し面倒くさいなぁ~と思ってたんですが、1時間くらいであっさり着きましたので、それほど、面倒くさくもなかったですよ。居眠りしてたらすぐでしたわ。
2020年11月29日 21:31
ぽこぽこさん、コメントありがとうございます。はい!小豆島と書いて(しょうどしま)と読みます。

『ヤマノススメサードシーズン』に登場した筑波山はそういう感じの山でしたね。エンジェルロードもそういうのが、ウリの名所ですから。
でも、エンジェルロードの近くの屋台で売ってた「イチゴのスムージー」はうまかったですよ。
2020年11月29日 21:47
夜桜お八さん、コメントありがとうございます。壺井栄さんの『二十四の瞳』映画村は健在ですよ。小学校の修学旅行で行った記憶はありますが、あまり興味がないので、今回は素通りでした。それよりも小豆島と言えば、今は『からかい上手の高木さん』ですよ(笑)

へぇ~沖縄で京急ですか!私も2回ほど関東におじゃましましたが、東京モノレールを利用したことはないですね。都心へは、すべて京急でした。

『ハイフリ』のBDボックスですか!いいですねぇ~私もローソンから『宇宙よりも遠い場所』のBDボックス(来年3月発売)のメールが入っていたので、思わず、ポチっちゃいました。
2020年11月29日 22:52
坂の上の蜘蛛さん、こんばんは。
地元兵庫県が聖地になった「涼宮ハルヒの憂鬱」もこのパターンでしたね。
9年ぶりに新刊の発売となった「ハルヒ」今聖地はどうなってるかな?
夜桜お八
2020年11月30日 10:19
 高木さんって、西片くんと結婚して娘(ちー)が生まれるんでしたよね。結婚しても妻と娘にいじられ通しの西片くんは、出身中学の体育の先生。体育大学か教育(ないし体育)学部に行ったんでしょう。小豆島の人なら関西の大学かな、それとも東京へ出たのか。

 最近の若い人は進学でいったん都会へ出ると帰郷しない人が大多数なのに、西片くんは偉いです。それとも恋人(高木さん)がいるから小豆島へ帰ったのでしょうか。

 明日は「映画の日」で全作品1000円です。だから『鬼滅』は明日観に行くことに。ネットで都心の劇場しかも午前の上映回を予約完了。

 映画館といえばヤマト新作のCMが流れ始めました。全然中身が想像できませんが、なぜ大和が出てくるんだろうか。しかも見物人がいるような。
 まあ気が向いたら観に行ってみます。
 
2020年11月30日 10:51
日々散財さん、コメントありがとうございます。
『涼宮ハルヒの憂鬱』の舞台は兵庫県西宮市でしたよね。ここも原作では設定になく、アニメ化の段階で、原作者の谷川流さんの出身地が舞台に設定されたのですね。
今は、どうなんでしょうか?『涼宮ハルヒの憂鬱』という作品は忘れられてないと思いますから、以前ほどではなくても聖地巡りしてる人はいるんじゃないかと思いますね。
2020年11月30日 10:56
夜桜お八さんへ、たしかに、小豆島で働くより少なくとも対岸の高松や姫路のほうが職場はありそうですよね。
それとも、エンジェルロードのパワーか?(笑)

『ヤマト』、四国に上映館がありますから、一応見に行きます。
夜桜お八
2020年11月30日 20:59
 先程終わったNHK『鶴瓶の家族に乾杯』の舞台が小豆島。本当にのどかな島。生徒が一人しかいない学校なんか東京ではあり得ない、と言いたいところですが、実は都心にも人口減で廃校になった小中学校があります。

 確か岡山市内を車で走っているとき小豆島行きフェリーの看板を見ました。調べたら岡山港・宇野港・日生港の便が。

 瀬戸内が舞台のアニメで印象的だったのが『ひるね姫』。主人公が住むのは倉敷市(下津井瀬戸大橋近く)でしたが、香川県も舞台になっていて高松空港が登場。あとは大阪道頓堀、新大阪駅、東京駅と品川、お台場近くが登場。いい作品でした。主人公の声は高畑充希さん。

 さっき頭に閃いた(今さら)のですが、劇場版『ハイフリ』の「晴風」要塞突入作戦は、ヤマトの都市帝国突入作戦のオマージュか?

 そう思ってみると要塞内部が都市帝国内部とソックリに見えて仕方がない。晴風が潰した砲台もガトランティスのそれに似ているし、最後に爆破した動力部も、都市帝国の動力部に実によく似ている。
 極めつけは「晴風」が命からがら脱出した海面、遠くを見れば大和型4隻が見えるシーン。

 偶然の一致だろうか、とズウォーダー大帝のように考えてしまいます。
2020年11月30日 22:47
夜桜お八さんへ、小豆島も実際に行ってみると、けっこう大きい島だと思います。道路の交通量もわりとあります。
とにかく、島中、オリーブの木がやたら多いですね(笑)
また、機会を見つけて『からかい上手の高木さん』聖地巡り、第2弾をやりたいです。

私も劇場版『ハイフリ』の要塞突入シーン、映画館で初見の時に「あれ!?」と思い、2回目で「これ、『さらば』の都市帝国突入に似てるよな?」と思いました。
動力炉も円筒型で丸窓が付いてる所は、都市帝国の動力炉そのものでしょう。
『さらば』と違うのは、人がやたら死なない所、そういう意味では『さらば』より『ハイフリ』が良いですね。
夜桜お八
2020年12月01日 14:36
坂の上の蜘蛛さま
 『鬼滅の刃』観ました。初めて観る作品ですが、すんなり世界観に入り込めた。面白かったし、テレビ版も最初から全部観たくなりました。1000円(映画の日)で鑑賞出来たので得した気分。

 ヤマトは続編を作る毎に勢いが落ちて行った。世界観を自分から壊していったのですから、松本先生がキレた理由も理解できないことはない。正直、一部ヤマトファンにとって「さらば」はトラウマになったでしょうね。
 
 戦争の現実はあんなものだと理解はするが、当時中坊だった私も正直、後味が悪かった。これアニメでやるのはどうかね、と。

 戻ってみると旧友から電話があったとメッセージ。コールバックしてみると「会社辞めるんだってな、俺の会社で非常勤でいいから嘱託やってくれないか、そう慌てないから取り敢えず休んで、4月から出社してくれればいいから」との思いがけぬ言葉。
 
 彼の会社は小さいですが実績は堅実で地元ではそれなりに知られた所。サザンビーチと烏帽子岩で有名な茅ヶ崎市にあります。
 「少し考える時間をくれ」と返事しましたが、さてどうしたものか。

 「まだ隠居するのは早いぞ」と彼は言うのですが・・・。
 
 
2020年12月01日 16:03
夜桜お八さんへ、必要とされてるなんてすごいじゃないですか!でも、ご友人のおっしゃる通り、返事を慌てる必要はないと思います。少なくとも年明けまでは『解放気分』を味わうのも良いのではと思います。
まずは、温泉にでもゆっくり浸かって、今までの宮仕えの疲れを取りながら思案してみてはいかがでしょう。条件やご自身の意欲も含めて。
夜桜お八
2020年12月01日 20:15
坂の上の蜘蛛さま
 有難うございます。仰せの通り、すぐ返事するつもりはありません。今すぐ他社に「仕官」するつもりなし。年が明けてからゆっくり返事します。今のところは断ろうと思っていますけれど、先方は近日中に横浜あたりでメシでも食いながら(中華街かな?)話そうと言ってきているので、会うだけは会おうと思います。
 非常勤でいいと先方は言いますが、責任でも持たされたら一大事。

 取り敢えず遊ぶことの方が先です(笑)。



 
2020年12月01日 22:39
> 非常勤でいいと先方は言いますが、責任でも持たされたら一大事。

夜桜お八さんへ、あり得ますね。先方さんは、「釣ってしまえばこっちのもの、釣った魚にゃ餌はやらない!」と考えてたりしてね(大笑) 

年明けまでは、仕事とか煩わしいことは一切頭から離しても良いと思いますよ。せっかく、自由の身になれたんですから。
ぽんねぇ♪
2020年12月01日 22:45
坂の上の蜘蛛さん、こんばんは♪
アニメの聖地巡り、楽しそうですね♪
けっこう忠実に描かれているのですね。
本などを持って出かけられるのですか?
実際の場所に巡り合えた時は感動でしょうねぇ~。
小豆島はおソーメンとオリーブオイルのイメージでした。
お取り寄せしています。
「エンジェルロード」みたいな場所が鹿児島にもあります。
「知林ヶ島」と言います。一度行きましたが潮が悪く渡れませんでした。
2020年12月01日 23:16
ぽんねぇ♪さん、コメントありがとうございます。
へぇ~エンジェルロードのような砂の道ができる所が鹿児島にもありますか!そうですね。こういう道は潮が悪いと渡れませんからね。

聖地巡り、本とかは持って行きませんが、行く前にそのアニメを録画したBDやDVDを見たり、他のファンの人の聖地巡りのブログを参考にしたりはしてますよ。