ファイルマガジン

ファイルマガジン『DVDコレクション日本の城』第17号は大阪冬の陣、夏の陣で大阪城を守った真田信繁の要塞「真田丸」です。
なお、当ブログでは後世に名付けられた「幸村」の名称は使用しません。
4E0032DE-D309-49CD-AB49-5767819E6865.jpeg

A2E96180-CD44-432E-9C7F-872A8C043114.jpeg
大河ドラマのタイトルにもなった真田信繁の要塞ですが、実際には、まだよくわかってない部分も多いようです。
A745474E-CC10-42F1-A2D4-ED7CD9CE1FEF.jpeg
真田丸は、大阪城天守から約1600メートルくらい南方にあって、現在では高校が建っているようです。でも、こういう場所はけっこうありますよね。西条藩陣屋も門だけで、西条高校になってますし、水戸城も高校になってると聞いてます。
それと、真田信繁と豊臣秀頼にも落人伝説があるようです。鹿児島に行ったとされているようです。高知にも武田勝頼落人伝説がありますが、2つの落人伝説に共通してるのは、「真田」というキーワードです。勝頼落人伝説は甲斐から土佐までの逃避行ルートを真田昌幸、信繁親子が手引きしたと言われてます。
以上、ファイルマガジン『DVDコレクション 日本の城』でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

夜桜お八
2020年10月21日 17:44
坂の上の蜘蛛さま
 遂に出ました大坂城。当時日本にいた宣教師が「コンスタンチノープル以東最大の要塞」と本国に書き送った城。
 つまり世界最大の城です。掛け値なし。超弩級の城。

 西洋中心史観では、世界最大とは言えないのですね。まるで「コンスタンチノープル以西には大坂城より巨大な城がある」とでも言いたげな書きぶりですが、当時のヨーロッパにこれほどの巨城はありません。

 豊臣秀吉はこの他にも聚楽第、肥前名護屋城、伏見城と連チャンで大坂城クラスの巨城を建てました。当時日本にいた宣教師たちは戦慄したと思います。「これほどの軍事大国を侵略できるわけがない」と。その証明が朝鮮遠征。スペインなど、いつマニラ(比島は当時スペイン領)に日本が攻めて来るかと戦々恐々だった。

 そう思うと、毎日のように見ている皇居(旧江戸城)も凄まじいスケールの巨城。二百数十年間日本を支配した徳川幕府の本拠ですから当然ですけれども。
 
2020年10月21日 19:38
坂の上の蜘蛛さん、こんばんは。
落人伝説ですか、そういえば討ち取られた信繫は影武者だったという話がありましたね。
なんでもその影武者は真田十勇士の一人だったらしいとか。
そもそも真田十勇士がフィクション臭いんで、可能性は低いでしょうけど。
2020年10月21日 21:58
夜桜お八さん、コメントありがとうございます。西洋の宣教師たちからすれば、ヨーロッパの支配者たちより東の果ての支配者の方が巨大な権力を持ってるとは認めたくなかったんでしょうね。城は権力の象徴ですから。
2020年10月21日 22:02
とある星人さん、コメント&気持玉ありがとうございます。
真田十勇士自体が江戸時代の創作だと聞いてます。
でも、話しとしては、なかなかおもしろいですよね。今の戦隊ヒーローの元祖かな?と思ったりもしてます(笑)
2020年10月21日 22:11
大阪城!?と思いきや、真田丸?要塞とありますが、お城なんですかね?素人でスミマセン。
2020年10月21日 22:54
nas-nasさん、コメントありがとうございます。大阪の陣で大阪城を守るために真田信繁が築いた砦だと思って下されば良いと思いますよ。