寂しい。だけど、ありがとう。

阪神タイガースの藤川球児投手(「以下、球児と呼称)が今季限りで引退すると表明しました。
72E73AD2-7057-413A-8885-C0DAEC85E5FC.jpeg
火の玉ストレートと言われ、浮き上がってくるような剛速球でセリーグの強打者をねじ伏せる投球は高知県の野球ファンのあこがれであり、自慢でした。球速ならメジャーの大谷投手は160kmのストレートを投げますが、球児のストレートは球速には出ない迫力があったと思います。すごいボールを投げる投手と言われて、私が真っ先に思いつくのは、球児と大魔人佐々木投手です。
また、アメリカから帰って、新たに日本で野球人生を始める時も「原点から、やり直したい」と高知の独立リーグのチームに入団し、ファンを驚かせ、高知のスーパースターの凱旋で、四国の独立リーグ全体が大いに盛り上がったのも印象的でした。
名球会入りできる通算250セーブまで、あと5セーブ!なんとか達成して、自らの花道にしてほしいです。がんばれ!球児!そして、お疲れ様でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

夜桜お八
2020年09月01日 20:07
 阪神タイガースで思い出すのは古い記憶。村山実、江夏、田淵、もうちょっと時代が下がって掛布、真弓。華やかなスターが大勢おり、対巨人戦のチケットは満席でなかなか取れなかった。巨人✕阪神がプロ野球の花形だったような印象があります。東京✕大阪だったからかな。
 数年前、阪神電車がモダン(キレイ)になっていて驚きました。

 話は変わって、ネットサーフィン中、真田昌幸の悲惨な晩年についての記事を読みました。紀州九度山に配流となった真田昌幸は、巷間言われているような「打倒家康」の気力は全くなく、心身ともに衰え金策に困り、窮乏のうちに他界したのだと。信州上田の信綱寺(しんこうじ)が昌幸発の書簡(手紙)を所蔵しているそうです。その内容はおカネの無心ばかり。そして家康宛の赦免嘆願書。故郷上田に帰りたいという切実な願い。

 ちなみに、信綱とは昌幸の兄です。長篠合戦で戦死。そのため三男・昌幸が真田家の家督を継いだ。 

 家康としては、刺客を放って昌幸を消してしまうことも出来たはず。相手は幽閉された老人ですし、本当に危険人物と思うなら迷いなくそうしたでしょう。それをしなかったということは、もはや真田昌幸など眼中になかったということかもしれない。

 幸村(信繁)は、そんな親父さんの無念を見ていたからあれだけ奮戦したのでしょう。昌幸はともかく、家康にとって信繁などもっとどうでもいい存在だったから、ガン無視でした。

 
2020年09月01日 20:08
坂の上の蜘蛛さん、こんばんは。
それね!阪神ファンとしては非常に残念ですね。
今、阪神タイガースはボーアだ、サンズだと言われてますが、やっぱりもっと日本人が頑張って欲しいんですよね。
でも藤川もけっこう歳だからねぇ。
そういえば、藤川って松坂と同世代でしたっけ?
2020年09月01日 22:29
夜桜お八さん、コメントありがとうございます。私も掛布選手、岡田選手の世代ですね。
今でこそ、BS放送やスカパーがあって、セリーグ、パリーグ関係なく、全チームの対戦がテレビで見られるようになりましたが、少し前は高知のような田舎ではテレビで見られるのは巨人戦オンリー、必然的に巨人びいきになってる人が多かったですね。

真田昌幸、晩年はお金に困ってたんですね。せめて、上田で余生を送って、死にたかったでしょうね。

それと、夜桜お八さんお勧めの『十万石饅頭』ですが、忍城のすぐ近くの水城公園にお店があるようですね。
ひょっとして、忍藩の石高が十万石だったから『十万石饅頭』なんでしょうか?

狭山茶はどこで買えるのかな? 
2020年09月01日 22:36
とある星人さん、コメント&気持玉ありがとうございます。
今年のタイガースは、日本人選手がパっとしませんね。

藤川球児は40歳、松坂世代ですね。ここまでよくやったと思いますよ。
球児の高知のチーム時代(と言っても、1年だけでしたが。)のグッズをいくつか持ってますよ。けっこうレアなグッズじゃないかな(笑)
2020年09月02日 00:39
坂の上の蜘蛛さん、こんばんは。
今年は、コロナのせいで、野球(だけじゃないけど)盛り上がりませんでしたね。 そんな中での引退とは、寂しいです限りです。
2020年09月02日 06:24
日々散財さん、コメントありがとうございます。
球児は去年あたりから高知の親しい人たちには、もう引退を考えているみたいなことを言ってたみたいです。
年齢的にも、自分のストレートが『火の玉ストレート』でなくなってきたと感じていたんでしょうね。
夜桜お八
2020年09月02日 18:06
坂の上の蜘蛛さま
 十万石は忍藩十万石に因んだ行田市の銘菓で、名前の謂れは同社HPに載っています。版画家・棟方志功(青森出身)直々の命名らしい。

 今日は甲府のクライアントのところへ。近距離ドライブだから助かります。あちこちにクライアントを抱えているんだと改めて思います。長年海外担当だったので、今さらですが驚いているような始末。

 山梨県(甲斐国)は明けても暮れても、寝ても覚めても信玄、信玄という場所。武田神社に参拝し、昼メシは甲州ほうとう(信玄の軍用食)、お土産は桔梗信玄餅。クルマですので酒は無理でしたが、甲斐の銘酒は「武田菱」(笑)。

 赤備えを見ると広島カープのよう。広島でカープの悪口を言えないのと一緒で、山梨では信玄公と呼ばないと敵国のスパイ扱い(?)。
夜桜お八
2020年09月02日 20:00
坂の上の蜘蛛さま
 投稿ミス(一つ前)を削除願います。

追伸
 狭山茶ですが、横須賀でもスーパー等で見かけますので、本場埼玉ではもっとお目にかかる頻度は多いのではと思います。

 甲府には武田氏館跡(躑躅ヶ崎館跡 現在の武田神社)がありますが、武田氏滅亡後に甲府城が築かれました。舞鶴城公園といい甲府駅近くにあります。建物は復元ですが、徳川時代はここが甲府徳川家(綱重、綱豊=のち六代将軍・家宣)でしたし、将軍綱吉の側用人・柳沢吉保の居城でした。
 
2020年09月02日 20:47
夜桜お八さんへ、やはり忍藩の石高に因んだ命名でしたか。
夜桜お八さんから、関東には大藩はないと聞いてましたから忍藩は10万石くらいかなと思ってたんですよ。

山梨の信玄崇拝はすごいですね。でも、高知も明けても暮れても龍馬、龍馬ですよ(笑)

狭山茶は狭山市で買おうと思ってます。調べてみると、狭山市って飯能市から意外と近いですよね。販売店も検索したら何軒も出てきました。
夜桜お八
2020年09月03日 17:35
坂の上の蜘蛛さま
 同僚たちに桔梗信玄餅を配って仕事しましたが、毎度ながら好評です。実際おいしいんですよ。きな粉と黒蜜のコントラストがたまらない。

 山梨県の温泉地には「信玄の隠し湯」を売り物にしている場所が。その代表格が下部温泉。先日書いた山縣館もその一つ。山梨県警機動隊の代紋は武田菱。
 
 実際、武田三代(信虎・晴信【信玄】・勝頼)がいなかったら甲斐はただの山国=ド田舎。NHK大河が武田信玄を放送した時、山梨県は狂喜乱舞。全県あげて協力しました。実際の信玄は、NHKで演じられた中井貴一さんのような細面だったらしいです。有名な太った信玄像は、別人のものだというのが最近の研究成果らしい。

 滅びた武田への哀惜も、信玄人気の一因でしょう。今回は行けませんでしたが、甲斐大和(甲州市)にある天目山は武田氏終焉の地です。景徳院に勝頼と夫人らの墓があります。