ファイルマガジン

ファイルマガジン『日本の城DVDコレクション』第12号は「松江城」です。
7DC2D635-CBE3-4902-AC12-67225FF6C0A2.jpeg
この城は最近、国宝に指定されたんですよね。
天守の高さは姫路城松本城に次いで現存天守では3番目の高さだそうです。そう言えば、姫路城松本城も国宝ですよね。国宝になるか、ならないかは天守の高さで決まるのか?(笑)
DDA858B4-47BD-41F2-96CC-C3DA5C387576.jpeg
松江城のような黒い天守と言うと、現存天守では松本城松山城がそうなんじゃないでしょうか。三つの城とも頭の文字が「」なんですよね。復元天守だと岡山城熊本城もありますね。
現存天守で白い天守と言えば、姫路城が代表ですが、高知城も天守は白なんですよね。黒い天守と白い天守、どっちが多いんだろう?
0EC34ECC-1ADE-49F2-96BF-3657BC6FFD8C.jpeg

B67C6F56-6049-45AF-BA7B-6AECDA7FE51C.jpeg
狭間は普通、城内から外の敵を狙うために設けられてるものですが、城内から城内を狙う狭間が設けられてる城は珍しいと思います。狭間だらけの姫路城でも見かけなかったなぁ~
F2EE7F5D-577E-4988-90E8-163B581B2752.jpeg
城は天然の川や湖を城の防御として利用してることも多いですよね。松江城も宍道湖に面していてこれを城の防御にしてます。
2655BD97-064A-4E22-B7CA-C36D8B6E6FBD.jpeg
そして、松江城と言えば、この立派な堀ですよね。この堀は松江城とその城下町に巡らされ、城と城下の海運も担っていたと聞きました。と言うことは、当時から松江の城下町はかなり栄えていたんでしょうね。
以上、ファイルマガジン『日本の城DVDコレクションでした。次回は徳川幕府に殉じた城「会津若松城」です。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ぽこぽこ
2020年07月23日 16:11
坂の上の蜘蛛さま、こんにちは。

松江城、確か島根県庁が隣にあるんですよね。
若い頃、仕事で何度か島根県庁に行ったことがあります。
仕事で行ったのは、ちょうど御城に面した部屋。ですが、手前の木々に視界を阻まれ、天守は見えなかったように記憶しています。堀に面した石垣と、その上に建つ黒壁の櫓が記憶に残っています。
いつもトンボ返りの出張で、仕事が終わると即撤収。御城を見ていく時間などありませんでした。

現存天守で第三位の高さを誇る天守だったんですね。天守の姿もなかなか格好さそうです。
近くまで行きながら、実物を見れなかったのは本当に残念。
夜桜お八
2020年07月23日 17:18
 松江へは大昔、鉄道旅行で一度行ったきり。岡山から特急「やくも」に乗りました。中国山地を越える伯備線経由。停車駅も覚えています。岡山~倉敷~総社~備中高梁~新見~生山~根雨~米子~安来~松江。あの頃はまだ高速も通じておらず、今以上に田舎だった松江。でも城は立派でした。

 黒は豊臣の城、白は徳川の城。松江城は太閤恩顧の堀尾義晴が築城したから、当然黒です。姫路城が白いのは、太閤恩顧だが家康に与し娘婿にまでなった池田輝政の築城だから。文字通り徳川の城。ついでですが、松本城が黒いのは家康を見限って秀吉の下へ走った石川数正が築いたからです。
 
 さて松江城。とっくに国宝になっていてもいい城だったのに、実は築城年代を特定する決め手に欠けていました。昨今その証拠が見つかり、やっと国宝になったわけです。

 松江はいい街です。中央から遠いし、交通も不便だったからでしょう。昔のものがそのまま残っている。私が今行くとしたら間違いなく飛行機。羽田から出雲空港へひとっ飛び。名物の出雲そばを食べ和菓子を味わいたい。

 島根県の城下町は他に津和野がありますが、私は残念ながら島根県石見地方に行ったことがなく、詳細は知りません。
 いすれ機会があれば。
2020年07月23日 19:14
ぽこぽこさん、コメントありがとうございます。そうですか!仕事で何度か松江の島根県庁に行かれてたんですか。
本当にすぐ近くに松江城があったのに残念でしたね。
でも、堀や石垣は堂々としたものだったでしょう。
2020年07月23日 19:23
夜桜お八さん、コメントありがとうございます。今は高速道路のおかげで、松江城は高知からでも早朝に出発すれば日帰りドライブが可能です。姫路や呉に行くのとそんなに変わらないじゃないかなと思います。
なるほど、白は徳川、黒は豊臣ですか!教えて頂きましてありがとうございます。
そう言えば、熊本城を築城した加藤清正と松山城を築城した加藤嘉明はともに賤ヶ岳七本槍でしたね。

山内一豊は秀吉の引き立てで出世したが、徳川寄りだったということでしょうか?
2020年07月23日 19:41
坂の上の蜘蛛さん、こんばんは。
松江城か、天守を立てるために人柱を使ったというが、本当でしょうか?
2020年07月23日 20:06
とある星人さん、コメント&気持玉ありがとうございます。
どうやら松江城には、おっしゃる通りの伝説があるようですよ。

https://shirobito.jp/article/399
     ☝
 これをご覧ください。
夜桜お八
2020年07月23日 20:08
坂の上の蜘蛛さま
 なるほど、高速道路は便利なものです。北九州市に住んでいる旧友がいるのですが、彼も高速のお陰で各段に行動範囲が広がったと言っていた。西は佐賀、長崎、熊本、そして東は広島、岡山まで日帰り圏だそうです。眼の前は山口県下関市ですし。それこそ散歩気分でフグを食べに行くと。

 長州藩の史跡は、ほぼ彼のクルマで連れて行って貰いました。
 萩、防府、山口、下関など。長州藩の政事堂跡が今の山口県庁と知ったのもその時。あとは高杉晋作の蹶起した功山寺、彼の眠る東行庵など。

 山内一豊も太閤恩顧ですが、関ヶ原で家康について土佐を拝領したので、高知城も完全に徳川の城(だから白)だと思います。

 秀吉(当時は羽柴筑前守秀吉)が中国(毛利)攻めの司令官だった時分に築いた姫路城は、黒壁だったらしい。当然、大坂城も聚楽第も伏見城も黒壁だったと思うのですが。
ぽこぽこ
2020年07月23日 22:19
そうそう、私も島根県庁に出張の時は、大抵、朝一の羽田→出雲空港の便を使ってました。出雲空港からは、バスで宍道湖沿いの国道を30~40分ほど(だったかな?)掛けて県庁前まで。

一度だけ、朝一に島根県庁に入らなければならない時があって、前日移動することになったのですが、飛行機のチケットが取れなくて、ブルートレインで行ったことがありました。「寝台特急出雲」だったかな?
このときは、久しぶりのブルートレインにワクワクしながら行ったのを覚えています。

話は全く変わりますが、
以前、夜桜お八さまに教えて頂いた「河口湖自動車博物館・飛行館」。
今日、久しぶりにHPを覗いてみましたら、
2013年より復元を開始したハヤブサ2型が完成し、それが展示されるそうですよ。
1型と2型を併せて展示? 探査機のハヤブサに掛けたのかしら?(笑)
おまけに8月1日から「ゼロ戦パーツ ガレージセール」が開催されるそうです。
「本物のオリジナルパーツを特別に放出」って事なのでマニアが大勢集まりそうですね。多分、復元に使えないぐらい傷んだパーツばかりだとは思うのですが、私も来週の土曜日に行ってみようかと思っています。

http://www.car-airmuseum.com/airplane/planeguide/index.html
2020年07月23日 22:20
夜桜お八さんへ、ちょっと前なら姫路や呉は1泊しなければならない場所でしたよ。今なら朝8時に高知を出発したら12時前には姫路や呉に余裕で着きますからね。

姫路城は松江城や熊本城、そして松本城を考えると秀吉の中国攻めの時は黒だったと十分に推測できますよね。
岡山城も別名「烏城」(うじょう)と呼ばれてる黒の城です。ここは、宇喜多の城ですものね。
2020年07月23日 22:39
ぽこぽこさんへ、ブログ拝見しました。大宮の氷川神社に行かれてたんですね。
大宮駅、大きな駅ですね。大宮駅というと、近くに『ガルパンコンサート』が開催される大宮ソニックシティがありましたよね。これは、駅で迷子になると田舎者はコンサートに間に合わなくなる可能性もあるので、早めに駅に着くようにしようっと。

『ガルパンコンサート』では、去年の『ヤマトコンサート』ように会場での物販はしないそうです。
コンサートグッズはAーONでの通販のみだそうです。
夜桜お八
2020年07月23日 23:06
ぽこぽこさま
 氷川神社、武蔵の碑が建立されてから行っておりませんので、いずれ是非行きたいと思っています。鉄道博物館の方は、コロナ騒動で事前申込制に。

坂の上の蜘蛛さま
 そうでした、岡山城は烏城でした。宇喜多秀家が島流し(八丈島)になった後、小早川秀秋が入城。その後は姫路城を築いた池田輝政の子孫が岡山藩主になり明治を迎えます。池田家は傍系が鳥取藩主ですから、二つの国持大名だったわけです。岡山市には池田動物園もありますし。

 まあ旧豊臣系(外様大名)の中で、池田、黒田、浅野(本家)あたりは一番、安泰だったのではないでしょうか。

 石高も格式も上の加賀前田、仙台伊達は、あわや改易という危機を潜り抜けていますからね。
2020年07月24日 09:39
夜桜お八さんへ、広島の浅野家は、あの!不祥事が起こった時はとばっちりを警戒したんじゃないかな?と思います。
改易まではないまでも、何らかのお咎めがあるんじゃないかって。
浅野本家も豊臣系だったんですね。広島城も復元ながら黒の城ですね。別名は「鯉城」(りじょう)だったかな?広島カープのチーム名の由来にもなったとか?

宇和島伊達藩は仙台伊達藩の傍系ではなく、伊達秀宗を藩祖とするれっきとした藩です。伊達秀宗は大阪の陣で徳川につき、戦功をあげ、家康から宇和島藩を賜ったそうです。
ぽこぽこ
2020年07月24日 11:39
坂の上の蜘蛛さま
ガルパンコンサート、あと2ヶ月を切りましたね。

大宮駅は、それほど難しくはありませんよ。
どの改札を出ても中央の東西連絡通路に出ますから。

https://www.jreast.co.jp/estation/stations/350.html

ソニックシティーに行くときは改札を出たら「西口」に向かってください。
西口を出た後のルートは下のHPを参照。

https://www.sonic-city.or.jp/?page_id=178

人も多いし、大きくて自分がどっち向いているのかワケ分からなくなりそうなのが池袋駅ですね。
西口にあるのが東武線で東口が西武線と言うのも初めてだと勘違いしやすいですし。(笑)

https://www.jreast.co.jp/estation/stations/108.html

分からなくなったら駅の黄色い案内版に頼りましょう。(私も方向感覚が衰えた最近は、もっぱら案内版に頼っています)

それから、池袋→大宮は経路として以下の3パターンあります。
①池袋→<宇都宮線/高崎線>→大宮
②池袋→<埼京線>→赤羽→<宇都宮線/高崎線>→大宮
③池袋→<埼京線>→大宮
時刻によって最適な経路が変わるので、ナビアプリあると便利ですよ。

「ヤマノススメ」の飯能巡りと、この日は沢山歩くことになりそうですね。
今から歩くトレーニングをしておいた方が良いかもですよ。(笑)
2020年07月24日 11:50
若干の補足
ソニックシティーの大ホールへのルートは、リンク先のページの「大ホール・小ホール・国際会議場へお越しのお客様」のボタンをクリックして見てくださいね。
夜桜お八
2020年07月24日 17:43
 ネットサーフィンで岡山藩のことを調べてみたら、岡山藩主池田宗家は16代当主・池田隆政氏の逝去(2012年7月)で断絶していました。ご存じのように、隆政氏夫人・池田厚子さんは、昭和天皇の第4皇女・順宮(よりのみや)厚子内親王です。なお紀州徳川家も現当主を以て断絶するとか。

 岡山城・後楽園も、行ったのはずいぶん昔ですから記憶が薄れていて。
 むしろ長じて訪れた岡山県護国神社の方が印象が強い。玉音放送後に特攻出撃した宇垣纒中将(山本五十六の下で聯合艦隊参謀長だった)以下の慰霊碑がありました。

 階級章を外して乗機(彗星)の前に立つ最後の写真。表情は穏やかで微笑みさえ浮かべている。

 宇垣という姓は岡山市周辺にしかないそうです。戦後「降伏後に若者を道連れに特攻出撃したのは怪しからぬ」という声も大きかったらしい。そんなことを思い出しながらお参りした記憶があります。

 中国地方も見所が多いですが、関東では「中国四国」と一括りです。それじゃダメだと思うんですけれどね。
2020年07月24日 22:10
ぽこぽこさん、池袋駅、大宮駅、大宮ソニックシティの案内図の紹介ありがとうございます。お気に入り登録して、関東旅行に役立たせていただきます。
2020年07月24日 22:15
夜桜お八さんへ、宇垣という姓は岡山市周辺にしかないんですか。珍しい名字なんですね。

中国四国以外の地域の人が四国を旅行して言うこと、「四万十川を見てから祖谷のかずら橋を見たい」、それ1日じゃムリ!(笑)
ぽんねぇ♪
2020年07月25日 12:56
坂の上の蜘蛛さん、こんにちは♪
面白いですね。
コメントも読ませていただいてますが
勉強になります。
へぇ~へぇ~と知らなかったことばかり。
坂の上の蜘蛛さんの、「日本の城DVDコレクション」で
楽しませていただいてなんだか申し訳ない気持ちにもなります。
早くお城巡りの旅に躊躇なく出かけたいです。
2020年07月25日 13:55
ぽんねぇ♪さん、コメント&気持玉ありがとうございます。
申し訳ないなんて、とんでもございません。コメント、いつも感謝してます。
ねぇ!ここのコメント欄、勉強になるでしょう(笑)とは言っても、私の手柄ではなく、すべて、物知りな夜桜お八さんのおかげなんですけどね。