戦車道少女写真集

高知は5月15日(金)から映画館が再開しました。でも、上映プログラムを見ると『天気の子』『君の名は』『シン・ゴジラ』『ベンハー』『タワーリングインフェルノ』とリバイバル上映ばかり、それなら、『劇場版ガールズ&パンツァー』とか『ガールズ&パンツァー最終章』もリバイバル上映してほしいということで、『戦車道少女写真集 弐』から私の気に入った画をアップしてみたいと思います。
C4019443-14E6-4AF7-9901-0D7FD6BB025B.jpeg

568B8522-917B-4926-88C7-E597CFEAE38E.jpeg
私服のあんこうチーム、かわいいです。グッジョブ!
2629C33F-7120-4642-BF42-9DA6CDB66F12.jpeg
各高校の戦車道チームの隊長たち、あなたはどの隊長推しですか?
4BBABAA6-A37F-4391-8A79-7FDEDDABA856.jpeg
この画は、秋っぽくていいですね。私は秋が好きなので。
43FCC003-B9E2-45B7-8755-570CDDE1D947.jpeg
このイラスト集は、戦車だけがかっこよく描かれている画は少ないので、アップしてみました。
以上、『戦車道少女写真集 弐』でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2020年05月16日 07:04
坂の上の蜘蛛さん、おはようございます。
なるほど、映画館再開といっても色々と難しい事情がありますね。席も一定間隔開けないといけないなら入れる入場者数も少なくなるし、席の予約が大変になりそうですね。
私はやっぱり「西住まほ」推しです。まほみほ姉妹コンビも良いですが、まほさんの隣はエリカ嬢が似合う。黒森峰の制服も好きなんだよな。
で、秋と言えばコスモス会長(秋野桜)!って「俺を好きなのはお前だけかよ」をまた見てるのですいませんw
2020年05月16日 09:13
とある星人さん、コメント&気持玉ありがとうございます。
高知のシネコンも全部で9スクリーンあるんですが、すべてのシアターで1席間隔を空ける対応が取られてます。
まぁ~今はリバイバル上映ばかりで、新作の上映がないので、しばらくは映画館には足を運ばないでしょうね。

『ガルパン』全キャラならあんこうチームのさおりん推しですが、隊長限定なら聖グロのダージリン様ですね。
夜桜お八
2020年05月16日 16:04
坂の上の蜘蛛さま
 これは懐かしい映画名を。『ベンハー』は映画史に残る名作。競技場の競走シーンがニューヨーク市立図書館に永久保存されるほど。チャールトン・ヘストン主演でしたっけ。『タワーリング・インフェルノ』もポール・ニューマン、スティーヴ・マックイーン、ウィリアム・ホールデンら往年の名優が勢揃い。

 『タワー』は、確かヤマッテ第一作の劇場公開とほぼ同時期(前年?)の作品です。サンフランシスコに建設された138階建て超高層ビルディング・グラスタワーが舞台。オーナーの娘婿が工費を浮かせるため、配電関係に安い材料を使ったことが原因で大火災に(以下ネタバレ回避)。

 劇場版ヤマッテがまだキワモノ扱いだった時代、この種の映画が大流行しました。人食いザメが出現したり、豪華客船がひっくり返ったり。パニック映画と総称していましたが。故・西崎義展Pは「オイルショック後の社会不安の反映だろう」と言うのですが・・・。

 それはともかく、名作リバイバルは粋な計らいだと思いますよ。昔の洋画は迫力があります。西部劇の名作をリクエストしたい。

 私の高校~大学時代、東宝・東映が戦争映画を集中的に制作。『二百三高地』『連合艦隊』『大日本帝国』『零戦燃ゆ』の順だったように記憶。ちなみに全作に顔を出した役者は、あの大霊界の丹波哲郎(笑)。前から順に、児玉源太郎、小澤治三郎、東條英機、山本五十六の役でした。
2020年05月16日 16:57
夜桜お八さん、コメントありがとうございます。名作のリバイバル上映は、まだ東京の配給元が動いてなくて新作映画が入ってこないからでしょうね。
せっかくですから、『タワーリングインフェルノ』くらいは見に行ってみようかな?
人喰い鮫の映画、豪華客船がひっくり返る映画とは『ジョーズ』『ポセイドンアドベンチャー』ことですよね?(笑)

東映、東宝の一連の戦争映画、私も全部見ました。『連合艦隊』と『二百三高地』がとくに印象に残ってます。

東京の配給元が動いて、新作がかかり出す前に『劇場版ガルパン』と『劇場版ハイフリ』をもう一度上映してほしい。
上映要望のメールでも出すとしますか。
夜桜お八
2020年05月16日 19:22
坂の上の蜘蛛さま
 『ジョーズ』のテーマ音楽(J・ウィリアムズ作曲)は強烈でした。私どもの世代は、洋画全般のイメージをあれで植え付けられたようなもの。

 戦争映画シリーズ、『日本海大海戦 海ゆかば』を忘れていた(汗)。
 東郷司令長官は三船敏郎、秋山参謀は横内正、山本海軍大臣は丹波哲郎。横須賀(「三笠」)ロケを覚えています。旧海軍OBが事実上の総監督のようなことをして、かなり大掛かりにやっていた。故・沖田浩之の演じる主人公が軍楽兵、それもトランペット奏者だったので余計に印象に残っている作品です。恋人役の三原じゅん子さんは、何と今では国会議員(笑)。
 思い出しついでに言うと、軍楽隊長は伊東四朗。

 劇場が復活した土地が羨ましい。東京の感染者数は大幅に減ったが、ここで気を抜いたらドカンと行きそうで・・。今少しのガマン。

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」がきょう横浜出港。船内を消毒しキレイにやって。何か釈然としないですね、と言うより、まだ居たのかよ(驚)。船会社に巨額の請求書を送りつけ賠償金を取ってやりたいくらい。
 日本にとっては全く「貰い事故」もいいところだ。

 
2020年05月16日 21:08
夜桜お八さんへ、J・ウィリアムズと言えば『ジョーズ』『スターウォーズ』『ET』『スーパーマン』『未知との遭遇』など、誰もが知ってる映画音楽をたくさん書いてる人ですよね。

『日本海海戦』を取り上げた映画は『日本海大海戦 海ゆかば』も見ましたが、TSUTAYAで借りて見た、1967年だったかな?公開時期ははっきり覚えてませんが、『日本海海戦』がおもしろかったです。この映画でも東郷長官は三船敏郎さんでした。佐藤充さん演じる砲術長だったかな?が「ロ助の言葉は覚えにくくていかんから、ロ助の艦はこういう風に覚えろ!」と言って「ゴミ取りゴン助」とか「国オヤジ座ろう」とか「あきれ三太」とか言ってバルチック艦隊の艦名を部下に覚えさせていたのが、とてもおもしろかったです。
夜桜お八
2020年05月16日 23:01
坂の上の蜘蛛さま
 『日本海海戦』は、昭和3~40年代に東宝が製作した一連の戦争映画の一つです。当時は俳優さんが各映画会社専属で、東宝映画だったら同じ俳優さんばかり(笑)。

 「国親父座ろう」は「クニャージ・スウォーロフ」(ロジェストヴェンスキー中将の旗艦)、「ゴミ取り権助」は「ドミトリー・ドンスコイ」、「呆れ三太」は「アレクサンドル三世」。
 確かにロシア語は難しい・・・。

 少し古い東宝映画『太平洋の嵐』。
 ハワイ、ミッドウェー海戦で、航空母艦「飛龍」が舞台。山口多聞少将(二航戦司令官)は三船敏郎。加来止男大佐(「飛龍」艦長)は加東大介。友永丈市大尉(攻撃隊指揮官)が鶴田浩二。部下の搭乗員たちは夏木陽介、佐藤充ら当時の若手俳優。

 特撮用ミニチュアは今見ればチャチですが、艦内放送やラッパ(対空戦闘、撃チ方始メ)はリアルでした。しかし「飛龍」の実物大セット(一部のみ)は素晴らしかった。格納庫壁面に「禁厳気火」と書いてあるのもリアルだし、ハッチを出て舷側の通路から飛行甲板に上がるシーンもリアル。
 湘南海岸に作られたと聞いています。

 昭和の映画は洋画も邦画も手作り感満載。CGを駆使した現代作品にはない味わいがある。
2020年05月17日 06:41
夜桜お八さんへ、そうですね。当時の俳優たちは映画会社に所属してたようですね。藤岡弘著『仮面ライダー本郷猛の真実』にもそう書いてありました。

戦争映画も怪獣映画も特撮用のミニチュアを使った、昭和の映画は作り手(スタッフ)の工夫が感じられますよね。
藤岡さんの『仮面ライダー』なども今見ると、低予算で一生懸命作っていたのがよくわかる(笑)なにしろ、ショッカーの戦闘員が覆面ではなく、ベレー帽を被って、顔にペイントをしただけ(笑)
『仮面ライダー』と言えば、猿島に行ってみたいです。
夜桜お八
2020年05月17日 19:30
 こんなのありました。

 https://www.youtube.com/watch?v=-ovosttnXQ8

 ステイホームとは、命名センスの良いことよ。こうして見ると、東大寺大仏殿って巨大なんですね・・。TDLも大和ミュージアムも、こんな光景がもし実現したら入場料5000円にしても人が殺到しそう。
2020年05月17日 20:37
夜桜お八さんへ、おもしろい動画ありがとうございます。
けっこうあらぬ所へ大和置いちゃってますよね。
一番それっぽいのは、レインボーブリッジの下かな。東京駅の前にも置いちゃってましたね。あの!煉瓦作りの建物がホテルなんですか?浜口雄幸首相が襲われた駅なんですよね。
夜桜お八
2020年05月17日 22:21
坂の上の蜘蛛さま
 東京駅の赤レンガ駅舎(丸の内口)を設計したのは建築家・辰野金吾。歴史教科書にも出てきます。東京大空襲で大破し北口・南口のドームも焼失。戦後は3階建てから2階建てに「縮小」され、ドーム跡には屋根を被せて使ってきたのですが、最近2つのドームと3階が復元され、戦前の姿を取り戻しました。

 内部は東京ステーションホテルで、宿泊料は高いです(藁)。駅舎復元前の同ホテルに1回だけ泊まったことがありますが、あの時は割合安く泊まれたし、大浴場から皇居が望めて贅沢な気分も味わえた(駅舎復元工事中は閉館)のだが、戦前の姿に復活したら急にお高いホテルに。

 東京駅では総理大臣が2人暗殺されました。原敬と濱口雄幸。事件現場にはプレートと目印があります。

 辰野金吾のお弟子さんに森山松之助という人がいました。台湾総督府(中華民国総統府として今も現役)を設計した人ですが、日本国内に残る彼の作品の一つが、長野県上諏訪温泉の片倉館です。

 ああ早く外へ行きたい。あと2週間も籠城なんて、気が狂う。

 光秀も越前へ行ったことだし。もう一回、一乗谷朝倉氏遺跡へ行ってみたい。
2020年05月18日 09:45
夜桜お八さんへ、『東京ステーションホテル』、宿泊料を見てみましたが、たしかに豪華な値段ですね。東京駅のホテルだからこんな感じなんでしょう。
『長野県上諏訪温泉の片倉館』、行ったことありますよ。長野の住民やってましたから。

『一乗谷朝倉氏遺跡』行ってみたいですね。NHKの『最強の城』でも紹介されてました。また、あの番組やってくれないかな!
クラシックY
2020年05月18日 19:41
休日の気楽なおしゃべりでコメントします
お気楽にお読みください(笑

高知は素早くシネコンが再開して羨ましいですわ(笑
大阪も自粛解除で早々に再開するかと思ったら、音沙汰無し。。ガッカリです(苦笑
TOHOシネマズ高知のHP見ました
素晴らしい番組編成じゃないですか!
「ベン・ハー」や「タワーリング・インフェルノ」などの往年の傑作、「シン・ゴジラ」や新海誠作品などのヒット作
シネコンの良いスクリーン環境で観賞出来る機会はそうそう無いと思いますよ

ジョン・ウィリアムズの話題が出ましたが、彼は「ジョーズ」はもちろん「スターウォーズ」「未知との遭遇」などのスピルバーグ、ルーカスの初期作品群、遡って「ポセイドン〜」「大地震」「ミッドウェイ」「タワーリング〜」など若い頃から大作映画を手掛けてきた映画音楽界の重鎮中の重鎮

「タワーリング〜」でも、そのオープニング…ウィリアムズの高揚感あるテーマ曲に乗って、素晴らしいヘリの飛行シーンで幕が開きます
その途中でちょっとした感動的な仕掛けも(笑
そのヘリが急上昇し、美しいサンフランシスコの街にひときわ高くそびえ輝く「グラスタワー」屋上のヘリポートへ向かってゆく…
このオープニングだけでも、もう名シーンです(笑
中層階から出火して、文字通りの「地獄の塔」と化すグラスタワー
空前の超高層ビル火災に立ち向かうスティーブ・マックイーン消防隊長が、タワーの設計者であるポール・ニューマンに「チクリ」と皮肉を言うシーンが大人になった今でも印象に残ってます
この超大作、巨額製作費の負担と製作費回収のリスク軽減の為、ハリウッド史上初のワーナーとフォックスの二大スタジオの共同製作の形を採っています
グラスタワーは約30メートル!あるミニチュアを実際に製作して撮影したそうです
映画好きの端くれとしては、現代のCGでのVFXよりも、実写のいわゆる「特撮」の方がより迫力があると思いますね(例えば「インデペンデンス・デイ」
これは単なるノスタルジーで言うのではありません(CG臭さという様なものが「リアル」さを阻害していると感じる

実はこの「タワーリング〜」、公開時に劇場で観ているんです(当時、まだ梅田にあったシネラマ館だったかなぁ…
TVで流れる予告編を見て、親にせがみ倒して(笑
「頼むから連れてって!」
「また洋画かいな。字幕やで?」
「かまへん」
てな具合でした(笑

坂の上の蜘蛛様、「ベン・ハー」や「タワーリング・インフェルノ」観に行った方がいいですよ
「ベン・ハー」の戦車レースのシーンなどは、今では決して撮影出来ない危険なリアルスタント…マジで死人が出ます
後々、スクリーンで観ておいて良かったなぁと、必ず思うと思いますよ(笑