ご要望があったんですが。

いつも私のブログにコメントしてくださる。クラシックYさんから「パンフレットの曲紹介部分の画像をアップしてもらえませんか? すごい気になる。。」と言うご要望があったんですが、ヤマトの公式サイトにコンサートのリポートがアップされてましたね。

           ☝
      まずは、こちらをどうぞ。

でも、せっかくご要望をいただいたんですから、私も一応、ブログらしくパンフの写真と宮川彬良先生が『白色彗星のテーマ』のアレンジについて語ったところを抜粋してアップします。
B0396F46-6AAC-4DB7-94FF-26F0E9BF0B57.jpeg

4B621D08-502B-4102-A86F-6DCEF6145C37.jpeg

D9E3ED2E-4F60-4CEF-BE8F-863EF03F620F.jpeg
ー今回のコンサートでも、その「白色彗星のメインテーマ」は演目に入ってますねー

宮川彬良先生「今日ここに来る時に電車で気づいたんだけども、『白色彗星のメインテーマ』の「ジャーンジャジャーン・・・」てフレーズのところ、『宇宙戦艦ヤマト』の歌の最後の「ヤーマートー」のところと同じなんだよね(笑)面白いよね。そこはやはり作った人が同じだからモチーフという似てくるんだろうね。
『白色彗星のメインテーマ』については、さっきも言ったように、ジプシー・バイオリン風にアレンジに挑戦するつもりです。あのメロディーってどことなくサラサーテとかパガニーニの曲の音列に似てるんです。
あと、これはもう譜面を書いてしまったんだけど、吹奏楽アレンジですよ。パイプオルガンというのはパイプを使って音を出すわけだから管楽器でもあるんです。ということは吹奏楽は絶対合うに違いないと思って書きました。あともうひとつ考えているのが、オルガンとオーケストラの両方を配置したオルガンコンチェルトです。
昔、コロムビアから出た「アコースティックヤマト」というアルバムを作った時、『白色彗星』のジャズアレンジに挑戦したんですが、メチャクチャ面白かった。それくらい、あのモチーフには噛みごたえがあるんです。だからもう一度あの曲と対峙して、今回やるジプシー・バイオリン風、そして吹奏楽、オルガンコンチェルト、この3つアレンジに挑もうと考えてます。これで自分の中にある『白色彗星』にケリをつけるつもりです。
吹奏楽とオルガンコンチェルトは、また別の機会を作って発表したいですね。もう自分で弾くことはないと思いますけど(笑)、そうやってアレンジを残すことで、自分なりの結果を出すつもりです」

このインタビューを読むと、コンサートで宮川彬良先生から発表があった交響組曲に『白色彗星メインテーマ』のアレンジが収録されるんじゃないかと期待します。もちろん、オリジナルのパイプオルガンの演奏も収録してほしいですね。それで、それぞれのアレンジの『白色彗星』を同じCDで聴き比べてみたいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年10月23日 21:13
先ほど、ぽこぽこさんのブログを拝見しました。同じヤマトコンサートのことをアップしてましたが、私のブログより数段上ですね。まだまだ、参考にしたいです。
夜桜お八
2019年10月23日 21:21
坂の上の蜘蛛さま
 気になって倉庫を探ったら初代『交響組曲ヤマト』出てきました。懐かしいですが、もう「かける機械がない」状態。念のためもう一度言いますが「機会」ではなく「機械」がない。もうお分かりと思いますが、何とこいつレコードです(笑)。

 いつか書いたが、NHK『チコちゃんに叱られる』のテーマは、何と宮川ミュージック。最初聞いた時ビックリしました。「これカリキュラマシーンのテーマじゃないか」と。
 
 コンサートの日は、仕事(書類作り)でどうしても自宅を離れられなくて。残念でした。11月中旬出発ですので、ぼちぼち荷造りも開始。
 早いものですね、今年も終わりが見えてきましたよ。
2019年10月23日 21:55
坂の上の蜘蛛さん、こんばんは。
昔、ゴジラのオーケストラのビデオは見たことありますけど、迫力が凄かったです。すぎやまこういち氏だったかな。
アニメのBGMとかでもオーケストラとかで生演奏すると凄いですよね。
2019年10月23日 22:10
夜桜お八さん、コメントありがとうございます。これはまた懐かしいものを発見しましたね。最近はレコードが見直されてると聞いてますから、レコードプレーヤーも入手しやすくなってるんじゃないでしょうか。
NHK『チコちゃんに叱られる』のテーマは、宮川泰先生のカリキュラマシーンのテーマですよね。ヤマトファンなら誰でもわかります。
ところで、今度の出張はどのくらいなんですか?
2019年10月23日 22:25
とある星人さん、コメントありがとうございます。すぎやまこういち先生と言えば、ヤマトサウンドを作った宮川泰先生(宮川彬良先生のお父さん)とは友人同士で、ヤマトサウンドで有名なきれいなスキャットの曲『無限に広がる大宇宙』を聴いて、椅子から転げ落ちるほど感動して、その曲を褒めたという逸話があるようです。そして、それを宮川泰先生は息子の彬良さん(宮川彬良先生)に自慢していたらしいです。
クラシックY
2019年10月23日 22:49
坂の上の蜘蛛様
早速わがままを聞きとどけて頂き感謝します!
公式の方も覗いて来ましたよ
こうしてパンフレットを見ると臨場感出ますね☆
なるほど「白色彗星」もこの編成でのアレンジだったんですね
僕ももし自分がパイプオルガン抜きのアレンジをするなら…出だしはコントラバスやチェロの重低音で立ち上がり、テンポと音階が上昇するにつれてビオラ、バイオリンと乗り替わって展開して…なんて作曲家気取りで妄想してました(オーケストラが必要ですけど笑
このコンサート、CD化も希望したいです(BD大一枚はちょっとお高い苦笑
ボーカル部分はホントに良かったでしょうね(これは生歌を聴きたかったー!
平原綾香さんもこの曲をオーディエンスの前で披露するのは初めてだったんですね(この日が歌唱曲としての本当の「誕生日」と言えるかも☆

兎も角も、お応え頂きありがとうございました☆
夜桜お八
2019年10月23日 22:54
坂の上の蜘蛛さま
 そうなんですか。実は私の音楽嗜好は非常に偏っていまして、ほぼクラシックだけです。トランペット吹きですから吹奏楽もやりますが、主役を演じる吹奏楽より脇役のオケの方が好きという「変人」。だからアニソンにも「カリキュラマシーン」のようなTVのテーマにも詳しくない。個人的にはアニソンの最高峰は『残酷な天使のテーゼ』と思っていますけれども。

 オペラ中毒患者の私は、出張時、時間があると必ず行きます。それも一番安い席であるオペラハウス(歌劇場)の天井近くの席。場合によっては立ち見のことさえある。
 
 オケの音は全部、上に上がってくるから。元々オペラハウスは音響効果抜群に設計され建造されていますが、天井近くの音響効果は素晴らしい。オーケストラボックス(舞台下の穴)から上がってくる大音響を、それこそ全身で受け止める感じ。
 気絶しそうになる。正に恍惚の世界。

 今度の出張はロシア~ベルギー~スペインです。約三週間ですから、そこそこ長い。暖冬の予想される日本よりずっと寒いですから、風邪をひかないよう要・重装備。
 
クラシックY
2019年10月23日 23:19
連投失礼します

夜桜お八様
懐かしい一枚ですね
僕も持ってましたよ(今も家内のどこかに埋まってるのだろうか?
YouTubeに上がってるので、たまに聴いたりしてます(笑
ターンテーブル付きのラジカセみたいな物が一万円ぐらいであると思いますよ
多分本体スピーカーは貧弱ですが、ヘッドホンも接続出来る筈なので、それで聴けば結構良い音で聴けるかも…
レコード特有のノイズや「プチッ」音も、今となっては「何もかも皆懐かしい…」かもしれません(笑

ぽこぽこさんのブログも拝見しました☆
フルオケでなくてガッカリ…は強く共感するところです(苦笑
せっかく音響の素晴らしいオオバコでのヤマトコンサート…どうしてもオーケストラの壮大かつ優美な演奏を期待してしまう(笑
オリジナルスコアを極力活かした上でのオーケストレーションで、美しさやスケール感をアップさせたアレンジのヤマト音楽コンサート
死ぬ前に一度でいいから聴きたいです☆(大袈裟だろ笑
2019年10月24日 14:01
クラシックYさん、コメントありがとうございます。少しでも私の愚ブログが役に立ったのなら嬉しいです。
私はこのコンサートのBDを買います。わざわざ東京まで行った思い出のコンサートになりましたから。
2019年10月24日 14:20
夜桜お八さんへ、私もクラシックは聴きますし、好きな音楽のジャンルでもありますが、本当に聴くだけなんですよね。クラシックはロックやポップスと違って曲名のないものも多い(例えば、ピアノソナタ変ホ短調みたいな感じ)ので、良い曲だなと思ってもピアノソナタなんてたくさんあるから、誰のピアノソナタだったかわからなくなるんですよね。
ビートルズなら中学校時代からのファンなんで、曲はほぼわかりますし、一般的に知られている程度のビートルズの逸話なら知ってます。
『宇宙戦艦ヤマト』『残酷な天使のテーゼ』は私も傑作のアニソンだと思います。それと、『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編』の主題歌だった「めぐりあい」も印象深い曲です。

3週間もの出張、お疲れ様です。どうか道中お気をつけて。
夜桜お八
2019年10月24日 21:05
坂の上の蜘蛛さま
 秩父三部作の舞台・秩父は、まず秩父神社。鳥居前のロータリーに「あの花イルミネーション」があります。これを見るため秩父へ来るファンがいるくらい。本殿は徳川家康の奉納といいますから、由緒ある神社。小さい街ですが、その分、聖地巡礼は歩きでOK(例外は「あの花」メンバーが飛ばしたロケットのモデル「龍勢まつり」の舞台・吉田)。
 
 飯能も行くと、都心から日帰りではちょっときついかな、という気がしますが、二日間割ければ全く問題ありません。

 しかし都心から大洗は遠いですね・・。何度も書きましたが、都心から水戸まで常磐線の普通列車で二時間強ですから。鹿島臨海鉄道に乗り換えて三駅目が大洗。駅のガルパンコーナーを見て、レンタサイクルで街巡りとなると、やはり大洗(または水戸)に一泊はしたいです。

 実は、私も泊りで大洗に行きたいんですよ。日帰りはやっぱり辛いし、落ち着きません。出来れば戦車に二度壊された「肴屋」さんに。

 
2019年10月24日 21:44
夜桜お八さんへ、「『ガルパン』か『秩父3部作』の聖地、どちらかを選べ」と言われたら、やはり、思い入れが深いのは『ガルパン』ですから、大洗を選ぶでしょう。
肴屋さんで宿泊したいのは山々ですが、別にそれほどのこだわりはないので、水戸で宿泊でもいいと思ってます。
肴屋さんや劇場版の大洗女子、知波単連合VS聖グロ、プラウダ連合のエキシビジョンマッチで砲撃されたリゾートホテルも見るだけでいいと思ってます。
やはり、メインは横須賀鎮守府長官官舎の見学ですから。
今から戦略を練ってますよ(笑)
2019年10月26日 01:17
埼玉県の行田市にある忍城の御城印カードが欲しくて、飯能からのルートを調べたんですが、電車で行くと同じ埼玉でもかなり遠くて愕然!
夜桜お八
2019年10月26日 07:34
坂の上の蜘蛛さま
 南北方向(都心への交通)は物凄く便利だが、東西方向(県内の横の移動)は不便。それが埼玉県の特徴です。埼玉在住の友人が数名いますが、皆、都心へ出てくるだけ。いわゆる埼玉都民という奴。たとえば日高在住の友人は、鷲宮も春日部も行ったことがないとか。

 行田(忍城跡)と言えば、十万石まんじゅう。
 https://www.jumangoku.co.jp/

 新一万円札の顔になる渋沢栄一は、行田から少し北へ行った深谷市出身です。血洗島という凄い名の村落に生家と記念館あり。
2019年10月26日 23:03
夜桜お八さんへ、もしかしたらと思い。飯能駅からいったん池袋駅に戻り、改めて、池袋駅から行田駅に行った場合もルートを調べてみました。
時間的には、飯能から行田まで埼玉県を東西に移動する時間とほとんど変わらないですね。
電車の料金はこちらが少し安いように思います。
2019年10月27日 09:38
ぽこぽこさんのブログ、拝見しました。鉢形城に行ってたようですね。動画でアップされてた自転車からの視点はおもしろかったです。バックに流れてた『ろんぐらいだぁす』のエンディング曲とバッチリ合ってました。
関東の山々の写真も素晴らしかったですね。
鉢形城は戦国時代、北条方の城だったようですね。荒川を利用した天然の要害と言った感じです。
ぽこぽこ
2019年10月27日 09:53
坂の上の蜘蛛さま、夜桜お八さま
そーなんです。
我が家から鷲宮に行くときだって、真っ直ぐ東に行ければ菖蒲→鷲宮で済むのですが、鉄道で移動しようとするとそうは行かない。
高崎線で桶川→北上尾→上尾→宮原→大宮と南下、大宮で宇都宮線に乗り換えて大宮→北大宮→土呂→東大宮→蓮田→白岡→新白岡→久喜と北上、さらに久喜で東武伊勢崎線に乗り換えて久喜→鷲宮とV字状の移動になってしまいます。
東西に移動する路線としては県南にJR武蔵野線があるのですが、これは東武線や西武線に接続していない。県北には秩父鉄道がありますが、これは多分行田に行く方法として坂の上の蜘蛛さまが調べた通りの状況だと思います。
まったくなんでこんなに東西の連絡が悪いのか不思議でなりません。

話は変わりますが、先日、夜桜お八さまに教えて頂いた鉢形城に、昨日、行ってきました。
3時間ぐらいかけて城跡を歩き回ってしまいました。
城域内に開設されている鉢形城歴史館にも寄ってきたのですが、
前田利家・上杉景勝、徳川家康配下の本田忠勝・鳥居元忠らの3万5千に及ぶ連合軍と戦ったとか歴史ロマンにしびれました。
いいお城を教えて頂き、ありがとうございました。
(ちなみにブログにアップしておきました宜しかったらどうぞ)
ぽこぽこ
2019年10月27日 09:55
あら、入れ違いでしたね。(笑)
tsukky
2019年10月27日 10:24
ぽこぽこ sama

息子の㊗正社員の件、ありがとうございました!
制服姿を画像で見ましたが本人曰く、やっと三本線が着用できた、、、としみじみ話してくれました。肩のラインの数☆これってヤマトの隊員服の腕のライン数と同じなのですよね^^
なんだか一人でwakuwakuしていました( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

それからヤマトコンサート2019☆彡
17列だったのですね~私たちはステージに向かって右の通路側だったので福井氏たちも艦首レーダーに入ってました!いやー近かったですね(笑)
ホール内、やたら煙っていませんでしたか??何かの演出かと思ったのですがただ単に中高齢者の排出物だったのでしょうか爆

それから山寺さんの「おぉぉぉ~~おっぉお~~」は正直、頂けませんでした苦笑
彬良さんってほんと、アレンジスキーなので(笑)いっろんなことに挑戦している彼の遊び心にただただ感服した次第です。

パンフは入場後に並ばれたのですね。ご購入は開演前に間に合いましたか?
階段の方まで並んでいたので他人事ながら心配しておりました…

来週、目黒で星野さんのライブバーに行きます♬
チケット代、他のアーティストに比べて高いんですよ(ノД`)・゜・。
足元見られてるのかしら(*´Д`)
・宇宙戦艦ヤマト
・真っ赤なスカーフ
・ヤマトより愛をこめて
・愛の生命etc…


夜桜お八
2019年10月27日 10:31
ぽこぽこさま
 鉢形城、凄かったでしょう。建物こそないが、これだけ完璧に縄張りが残っている城は全国的に見ても少ないはずです。正に難攻不落の城で、大軍で囲んでもここを陥落させるのは容易じゃなかったと思いますね。

 交通の要衝は、昔も今も変わらない。寄居には鉄道が三本(JR八高線、東武東上線、秩父鉄道)が集まっていますし、荒川が山間部から関東平野に出てくる場所。ここに城を築こうと思いついた人の鑑識眼に敬服します。

 秀吉の北条攻めでもう一つ重要な城が、静岡県の山中城です。箱根から静岡県三島へ降りてくる途中、国道一号線沿いですが、ここも縄張りが完璧に残っている城。
 
ぽこぽこ
2019年10月30日 21:01
tsukky さま
>やたら煙っていませんでしたか??
加齢なんとやらが可視化してとか(笑)
多分、多少煙っていたほうが光の演出の効果が出るからでしょうね。

山寺さんの「おぉぉぉ~~おっぉお~~」。私は良かったと思いましたよ。ライオンの咆哮みたいで。(笑)

>購入は開演前に間に合いましたか?
入場したのが遅かったので、並べたのが列の最後の方。二階の階段の降り口をぐるっと一周してから階段を降りてって感じで時間は掛りましたが、意外と余裕を持って開演前に席に着けました。

星野さんのライブバー、楽しそうですね。レポートお待ちしてます。


夜桜お八 さま
本当に凄かったです。埼玉にあんな地形の場所があったとは。
なにしろ3万とか5万といった兵に包囲されて1ヶ月も籠城できたのですから。

残されている堀や土塁、石垣を眺めながら「ここには塀があって、あの辺りに櫓が建っていて敵の侵入を防御して・・・」とか「この辺りには館があって、平時は城主の家族たちののんびりとした生活があって・・・」とかそんなことを夢想しながら広い城域内を楽しく歩き回りました。

ちなみに小田原征伐の際の鉢形城の戦いが天正18年5月14日から6月14日まで。
のぼうの城の忍城の戦いが同じく6月5日から7月17日まで。忍城の戦いには鉢形城を落とした浅野長政や真田昌幸・信繁親子も加わったんですね。
どちらの戦いも彼我の戦力差は10倍以上(忍城に至っては城兵は500程度だとか)。錚々たる武将達を相手によく頑張ったものです。
2019年10月30日 22:34
ぽこぽこさん、さすがです。

>のぼうの城の忍城の戦いが同じく6月5日から7月17日まで。忍城の戦いには鉢形城を落とした浅野長政や真田昌幸・信繁親子も加わったんですね。

上記のコメント、真田昌幸・幸村親子と書かないところがグッ・ジョブです。