海洋堂のイベント

フィギュアメーカーの海洋堂主催の『第1回ナンコクフェスティバル』に来ました。
画像

画像

ただ今、午前8時、南国市役所駐車場です。イベントに参加される人で車の方はここに駐車して、シャトルバスで会場に行くことになってます。別に歩いても遠くはないですが、せっかくなので、楽に行くことにします(笑)さすがに田舎!まだ駐車場はガラガラです。都会だったらすでに満車でしょうね。
それにしても、今日の声優の尾崎真実さんのトークイベントは楽しみです。海洋堂のサイトにも、『ガールズ&パンツァー』五十鈴華役の、と書いてありましたので、やっぱり『ガルパン』の話題は出るかなと期待してます。
画像

シャトルバスが止まってます。そろそろ会場に行きますか!
画像

画像

シャトルバスの乗り場で、このイベントのチラシを配布してました。
画像

ここがイベント会場の南国市商工会館です。
画像

会場の中はフィギュアの展示即売会をやってますよ!
画像

この前、ブログにアップした『高知人物フィギュア』もありました。
もちろん、買ってみましたよ
画像

高知では、滅多にお目にかかれない広島限定のご当地フィギュアもありました。
もちろん、これも買いです。
画像

画像

やはり、尾崎真実さんのトークイベントは撮影禁止でした。代わりに、『高知の人物フィギュア』発売の記念イベントの写真と五十鈴華さんのイラストをアップします。尾崎さんのトークの内容としては、やはり『ガルパン』でした。戦車が登場するアニメということで、戦車好きの宮脇社長が、Ⅳ号戦車の履帯やティーガーの砲弾やドイツ軍の戦車兵の帽子、タンクジャケット(黒森峰の選手が着用してる帽子とタンクジャケットはこれとほぼ同じデザイン)など、いろいろ話しを盛り上げる小道具を用意してましたさすが、あの社長の小道具は全部本物でしたよ。トークイベントのあとで、Ⅳ号戦車の履帯とティーガーの砲弾に触らせてもらいましたが、重さがハンパじゃないです。『ガルパン』では、JKが砲弾を持ったり、履帯を修理してましたが、実際は大の男でも重労働だと思いますよ。
画像

記念に尾崎真実さんが声を担当されてる五十鈴華さんの「ねんどろいど」フィギュアを購入しました。「ねんどろいど」のため、華さんの、あのモデルのようなナイスバディーは再現されてませんが。
画像

画像

海洋堂の第1回『ナンコクフェスティバル』を記念して『たくのみ』いきます。
今日、トークイベントに出演された尾崎真実さんにちなんで『ガルパン』とタイアップした日本酒「純米吟醸黒森峰」で乾杯します。蔵元は「黒森峰」と言えば、どの県の蔵元かはガルパンファンならなら簡単にわかると思いますので、あえて言いません。さて、どこの県のお酒でしょう?
画像

画像

画像

甘口の飲みやすい酒だと思います。精米歩合も59%とまずまずですね。
今日、ガチャポンで出した『高知人物フィギュア』と『広島ご当地フィギュア』は、また後日ブログにアップしたいと思ってます。ここで一気に出してしまうとブログのネタが尽きそうなので、小出しにしないとね(笑)

この記事へのコメント

2019年03月02日 21:35
坂の上の蜘蛛さん、こんばんは。
五十鈴華さんって華道の御家の娘でしたっけ?
「ねんどろいど」といえば最近「荒野のコトブキ飛行隊」のフィギュアを買おうか迷ってます。
ほぉ~ガルパンの酒があるのですか!
日本酒も最近は皆あまり飲まなくなって、こうやってアニメとタイアップすることで少しでも飲む方が増えるといいですね。日本人より外人に日本酒がウケているというのは寂しいですから。
夜桜お八
2019年03月02日 22:26
坂の上の蜘蛛さま
イベントお疲れ様でした。やはりトークショーは撮影禁止でしたか。気になって尾崎さんのtwitterを覗くと案の定、桂浜(龍馬像前)でパチリ。彼女、高知は初めてだそうです。五十鈴華さんの足跡が高知に残ってよかったじゃありませんか。私は華さん推しですので我が事のように嬉しいです。

彼女の故郷・水戸にも改めて行きたくなりました。水戸徳川家関係の史跡を見学し、大洗にも足を伸ばす。

ヤマト楽しんできてください。
2019年03月02日 23:25
とある星人さん、コメント&気持玉ありがとうございますその通りです!五十鈴華さんは、華道五十鈴流の家元の娘で、大和なでしこなお嬢様ですが、アクティブなことがしたくて戦車道を始めた人なんです。
華道で培われた集中力で、西住みほが指揮するⅣ号戦車の砲手を務めてます。
『荒野のコトブキ飛行隊』のねんどろいどなら私も欲しいですね。
純米酒は、熱燗にするよりもキリっと冷やして飲むほうが美味しいと私は思ってますよ
2019年03月02日 23:27
こんばんは、坂の上の蜘蛛さん。
広島のご当地ガチャ、「この世界の片隅に」のすずさんがラインナップされているのですね。
機会があれば、回したいな~
2019年03月02日 23:43
夜桜お八さん、コメントありがとうございます桂浜は去年ですが、カバさんチームも行ったようです。今年はカバさんたちは2回目の高知だったので、別の所に行ったようですが。
やはり、初めての高知なら龍馬さんの所に行きますよね(笑)尾崎真美さんもカバさんも6月公開の『ガルパン』最終章第2話が高知でも上映されるという前提で話しされてましたが、実際は、高知で上映されるかはわからないんですよね。私としては、ここまで『ガルパン』イベントをやったんだから上映するのが当然だろうと思ってますが、上映館が正式に発表されるまでは、不安がありますね。
私はあんこうチーム部門ならさおりん(武部沙織)、総合ならダージリン様かな。
宮脇社長がトークイベントで言ったこぼれ話しとしては、それまで、あまり売れなかったM3リー(ウサギさんチーム搭乗)が『ガルパン』境に急に売れ出したとか。
2019年03月02日 23:56
日々散財さん、コメントありがとうございますおお!さすがに鋭いですね。あの、あまり鮮明でない写真でも『広島ご当地フィギュア』にすずさんがラインナップされてたのがわかりましたか!
実は、あのすずさんが欲しくてガチャを回したんですよ。いくら使ったかは聞かないで下さいね(笑)
あの『広島ご当地フィギュア』は広島限定販売ですが、『海洋堂ホビー館』くらいには置いて欲しいなぁ~と思ってます。
2019年03月03日 06:56
坂の上の蜘蛛さん、おはようございます。
「荒野のコトブキ飛行隊」のフィギュアですが、同じディフォルメタイプですが、「ねんどろいど」じゃなく「Figuarts mini」のようで、これは六人全員出るらしいです。
リアルタイプのフィギュアだと「Figuarts」でキリエが出ます(フォーク付きパンケーキ等の小アイテムも付属<笑)。
あとは「Figuarts ZERO」でキリエとエンマが出るそうです。こちらはそれぞれの愛機「隼一型」のフィギュアも付いてるそうです。
自分的にはZEROのエンマが欲しいですね。
夜桜お八
2019年03月03日 08:36
『月刊モデルグラフィックス』が「このセカ」特集です。すずさんの日常生活フィギュア(?)数種類と、例のフジミ「大和」艦橋の作例が載っていました。

巨艦とはいえ、フィギュアを配置すると艦橋の狭さが理解できるし、艦内生活の過酷さも想像できます。小さな艦なら猶更。

当時の軍艦一般にはエアコンなどないです。赤道直下のリンガ泊地なら、灼熱の太陽に炙られ艦内は焦熱地獄。夜も灯火管制で舷窓を締め切るので、乗組員は素っ裸で寝ても寝苦しくて堪らなかったはず。大和型戦艦はまだ恵まれていた。ホテルと嫉妬され揶揄されたわけです。

『艦船模型スペシャル』は「大和の最期 天一号作戦」特集でいたが、こっちは特に真新しい情報なし。

2019年03月03日 17:27
とある星人さん、コメントありがとうございます。あの!『荒野のコトブキ飛行隊』の放送の時にCMをやってるフィギュアですね。私としては、リアルタイプのフィギュアが好きなので、「Figuarts」や「Figuarts ZERO」が良いですね。あと、『ガーリーエアフォース』のアニマのフィギュアも登場したら、興味ありますね。
2019年03月03日 17:40
夜桜お八さん、コメントありがとうございます。『この世界の片隅に』は良い作品ですね。『月刊モデルグラフィックス』、書店で見かけたら見てみたいです。
舷窓と言えば『男たちの大和』でも松山ケンイチさん演じる神尾一水たちが「舷窓を閉め忘れた」と上官から怒られ、棒で殴られるシーンがありましたね。「海軍精神!叩き込んでやる!」と言われてね。でも、『海軍善玉論の嘘』を読んでみると、本当に海軍精神の注入が必要だったのは海軍上層部だったような気がします。
それと、『宇宙戦艦ヤマト2202』、見ました。
ぽこぽこ
2019年03月03日 18:07
グッドスマイルカンパニー製のねんどろいどですね。
昔、「人形は顔が命」なんてCMがありましたが、グッドスマイルカンパニー製のフィギュアは表情がイイですよね。
以前、私のブログに登場させた「艦これ」の赤城さんと榛名さんもグッドスマイルカンパニー製です。
華さんと赤城さんは凛とした雰囲気が似てますね。ただ、戦艦として建造された赤城は大飯喰らいだそうで、ねんどろいどにもニコニコ顔でどんぶり飯を掻き込んでいるパーツがあるのですよ。おしとやかな華さんはどんぶり飯なんて絶対しそうにないですね。(笑)
そうそう、先日、劇場で2202の7章を観たあと帰宅して「美丈夫」を頂きました。正に「美酒に酔う」って感じでした。果物のような香りとコップ酒しても翌日に残らないのは「米の芯」と同じですね。今夜も楽しみ。
夜桜お八
2019年03月03日 18:35
坂の上の蜘蛛さま
灯火管制が厳しい(艦の舷窓を必ず閉める)のは、潜水艦対策です。また航空機の上からでも煙草一本の火が識別できるらしい。

実は、日本の軍艦に舷窓が多かったことは、戦争が始まってから艦の重大な弱点になりました。それは灯火管制だけでなく浸水対策の上からも当然で、戦争中期以降、各艦は舷窓の閉塞に追われました。「大和」も喫水線近く(中甲板以下?)の舷窓を殆ど閉塞しています。

ヤマトの感想は掲示板に書いておきました。殆ど削除対象かと思うようなことも含めてです。やはり焼き鳥屋のヤマトだなと思う次第。「さらば」の劣化コピーで、正直ガッカリ。
夜桜お八
2019年03月03日 18:46
掲示板ではディスりと受取られるでしょうから、言論の自由の保障されている此処に書かせてください。

基本ヤマトの活躍は少なく、折角設定したキャラも出番が極度に少なく、魅力を全然引き出せていない。それだけで作品にとっては致命傷。最悪なのは短い尺にテンコ盛りの要素を詰め込んで、訳の分からぬ内容にしたことです。

血沸き肉躍るヤマトと乗組員たちの大活躍を観せ(魅せ)てこそ劇場公開の意味がある。2202の製作者は何か勘違いをしているとしか思えない。

仄聞するところによると、羽原監督は「さらばのリメイクを主要キャラを殺さず作り、観客を泣かせろ」と要求されたらしい。ハッキリ言って無理難題ですよ。これでは、ああいうオチにするしかなかったでしょう。その意味ではスタッフに同情しますが。

ユーフォとガルパンを楽しみにします。2202は私の中では終わった話になりました。
2019年03月03日 19:23
ぽこぽこさん、コメントありがとうございます最上級の『美丈夫』の『夢許』は高知市内の酒店でもなかなかお目にかかれないので、蔵元の直販所に買いに行こうかなと思ってます。
華さんのご飯も赤城さんに負けずにけっこうガッツリ系の量ですよね。
今回のブログの海洋堂の第1回『ナンコクフェスティバル』は東京の『ワンダーフェスティバル』の超縮小版と言った感じのイベントだったと思います。
海洋堂の宮脇社長がステージで『ワンフェス』のパクリだと言って場内を笑わせてましたが、『ワンフェス』も『ナンフェス』も海洋堂主催なので、姉妹イベントという感じでしょうかね?これから、もっと大きなイベントになって、四国中のフィギュアファンが集まるイベントになって欲しいです。
2019年03月03日 19:32
作品の感想は人それぞれですよね。私はあの『ヤマト』の終わりはハッピーで好きですよ。
『響け!ユーフォニアム』は『ヤマト』が始まる前に予告編をやってました。あすか先輩たちが叶えられなかった、コンクール金賞の目標、黄前ちゃんたち北宇治高校吹奏楽部は今度こそ叶えることができるのか?乞うご期待!というところでしょうか!
『ガルパン』は公開劇場の発表見るのが、楽しみでもあり、不安でもあります。
夜桜お八
2019年03月04日 07:37
坂の上の蜘蛛さま
実は私も「さらば」は好きじゃなかった。イスカンダルから帰還してヤマトの物語は終わりと今でも思っている人間ですから、後の作品は蛇足と思っています。特攻賛美とは思いませんが、かなり抵抗を感じました。「なぜ皆こんな終末に手放しで感動するんだよ」と。

2202は旧作の名場面と名台詞をあちこちに散りばめているが、その場面がなぜ出て来たかという脈絡をすっ飛ばしているから「軽い」と私は感じた。

制限時間内にうまく素材を纏めるのが脚本家の仕事であり、それを指揮・調整するのが監督の仕事なのですが、出来たものは寸劇の寄せ集めのような作品。

私の勝手な想像だが、恐らく西崎P(養子)の干渉ではないかと思います。当たっていて欲しくないですが「ヤマトはカネになる」という考えで続編を作るのだけは絶対、止めて欲しいです。旧作の轍を踏むことになる。
2019年03月04日 14:39
夜桜お八さんへ、『さらば宇宙戦艦ヤマト』で西崎義展プロデューサーが打ち出したテーマが「君は愛する人のために死ねるか」ですから、あの終わりになったんでしょうね。
『宇宙戦艦ヤマト2202』の終わりは、感動の涙こそありませんでしたが、私自身はさわやかな気持ちになりましたよ。
それにしても、公開日が『ドラえもん』と重なったのは痛かった!グッズ売り場はほとんど『ドラえもん』に占領され、パンフレットくらいしか置いてなかった。おかげで、『ヤマト』の音楽集は買えずじまい。買おうと思って期待してたんですけどね。
夜桜お八
2019年03月04日 15:06
坂の上の蜘蛛さま
私は『ユーフォ』のチラシをゲットしました。4月19日公開。楽しみです。自信なさげで頼りなかった黄前ちゃんが先輩になる。成長した姿を見たいものです。

『アルキメデスの大戦』チラシもゲット。国力計算の結果「大和型戦艦建造は非」という筋書きだと聞いています。まあ確かにアメリカとの建艦競争など最初から勝ち目はなかったし、結果的に日本と日本海軍の自殺行為になってしまったのですが・・。観るまでは何とも批評はしかねますね。

『ドラえもん』は強いです。圧倒的パワーです。子供を虜にする映画は大人も虜にするパワーが必要、とよく言いますが、『ドラえもん』は正にその典型。さすがのヤマトも残念ながら敵わない。

『コトブキ』には、遂に五式戦登場。「屠龍」も。
2019年03月04日 22:21
夜桜お八さんへ、大和や武蔵は日本の国力から言っても分を越えた巨艦だったかも知れませんし、航空機での戦争が主力になってきた時代に、大艦巨砲主義の権化の時代遅れの艦だったかも知れませんが、それでも、使いようはあったと思います。例えば、金剛のように空母機動部隊に随伴させ、空母の護衛に使うのは大和や武蔵の活きた使い方だったのではないでしょうか?
とにかく、日本海軍はこの巨艦を床の間の置物のようにしてしまったと思います。

五式戦、前に夜桜お八さんがおっしゃっていた『飛燕』のエンジンを空冷に換装した戦闘機ですね。
2019年03月04日 22:55
『ヤマト』公式サイトにて、『宇宙戦艦ヤマト2202第七章』のBD販売状況が掲載されていた。
香川のイオンシネマ綾川は完売になっていたが、これは完売ではなく、最初からBDを置いてないんです。
夜桜お八
2019年03月05日 07:21
坂の上の蜘蛛さま
大和型は27ノットしか出ないから空母に随伴できない、という見方がありますが、空母が戦闘速力(30ノット級)を出すのは艦載機を放つ時くらい。空母の盾になることは十分出来たと思います。

実は、大和型は頑張れば29ノット出せたらしい。宿毛沖公試のとき艦内放送が「本艦速力29ノット」というのを、元乗組員氏が聞いているそうです。その代わり燃料消費は凄まじかったでしょうし、機関室は蒸し風呂になり熱射病で倒れる機関兵が出た筈です。

日本海軍は戦艦の使い方を間違えました。大和型を無用の長物にしてしまったのは海軍自身。
2019年03月05日 12:37
夜桜お八さんへ、金剛は当時から老朽艦ながら30ノットを出せる快速艦だったらしいですね。
老朽艦ゆえに大和みたいに温存されることなく、活躍した艦だと聞いてます。
夜桜お八
2019年03月05日 13:13
坂の上の蜘蛛さま
「金剛」はイギリス・ヴィッカース製の巡洋戦艦です。巡洋戦艦Battle Cruiserというのは、当時世界最先進の海軍国イギリスで「戦艦の砲力と巡洋艦の速力を併せ持つ艦種」として構想・建造されたもの。

「ウマイ話はこの世にない」の例え通り、巡洋戦艦はその防御力の薄さゆえの脆さを「発揮」してしまいました。第一次大戦のユトランド(ジェットランド)沖海戦で、イギリス巡洋戦艦3隻がドイツ艦砲の直撃弾を喰らい轟沈。

これに世界各国海軍がショックを受け、重装甲の「ポスト・ユトランド型戦艦」を建造。米英日の「BIG7」がその完成形でした。

金剛4姉妹は装甲が薄いために足が速いから空母直衛艦として重宝されたが、皮肉な見方をすれば「ポンコツゆえ使い倒された」という側面もあるんですよね。
夜桜お八
2019年03月05日 13:19
追伸。明治最末期(明治44年だったかな)竣工の「金剛」は、大東亜戦争開戦の時点で艦齢30年越えの老朽艦であり、一時期は代艦建造も検討されていたほどです。

レイテ沖海戦後、日本帰還の途次、台湾海峡で米潜水艦の雷撃で沈没。命中魚雷は2本ですから普通戦艦は沈まない筈なんですが、「金剛」は老朽艦ゆえ航行中に傷がドンドン深くなり(浸水範囲が猛烈に拡大)、遂に転覆・沈没という結果に。

先日の「比叡」発見によって、大和型を含め12隻あった大戦時の日本戦艦中、所在不明は「金剛」だけになりました。
2019年03月05日 16:22
夜桜お八さんへ、大和、武蔵を無用の長物にしたのは、日本海軍があるかどうかもわからない、いや!ありもしないと言ったほうがいいかも知れない。日米艦隊決戦というシナリオを追い求めた結果の悲劇だったと思います。
夜桜お八
2019年03月05日 20:12
坂の上の蜘蛛さま
現実に日米間に艦隊決戦は起こったんですが、それは大艦巨砲同士の古典的海戦ではなく、空母艦隊決戦(海洋航空戦でした。

大和型はその新事態に適応して運用されねばならなかったのに、海軍上層部の頭脳は硬直し過ぎていました。返す返すも残念です。

この記事へのトラックバック