海と陸の間にある世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 実写版『氷菓』

<<   作成日時 : 2017/11/12 16:12  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

『氷菓』の実写化映画を見てきました。
画像

画像

この作品は原作のノベライズは読んでないんですが、以前に京都アニメーションが全26話でアニメ化して、とても面白かったので、実写版にも興味がありました。多くの場合、私にとってアニメ化された作品の実写版を見るのは、ある意味冒険なんですが、この作品はナイスでした。アニメを実写化する場合、それがSFだったり、日常ではあり得ない現象が登場したり、天才的な人物や特殊な能力を持つ人物が登場したりすると特撮の部分が強調されてわざとらしくなって、アニメのイメージが壊されてがっかりすることもあるのですが、この作品はそういう特殊な舞台や人物が登場したりしないので、アニメにも実写にも向いた良作だと思います
ネット上では、毒舌を言われたりもしてると聞きましたが、私は自身が面白かったと思えればそれでいいので、他人の評価は気にしません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
坂の上の蜘蛛さん、こんばんは。
自分も「氷菓」はアニメの方を見ました。
アニメの実写版はたしかに賛否両論いろいろ言われますが、それに左右されずに「自分が観て納得すればOK」という観方が一番ですよね、やっぱ。
える役は広瀬アリスさんですか、妹のすずさんのが役柄に合ってる気もしますが、すずさんの髪型のイメージがロングヘアじゃないからなぁ。もちろんアリスさんも可愛いけどね(可愛いというより美人系って感じ)。電波人間タックルが懐かしい(笑)。
でもって、氷菓ですが「入須先輩」は出ないんですね、ちょっと残念
とある星人
2017/11/13 20:17
とある星人さん、気持玉とコメントいつもありがとうございます。少なくとも私はアニメのイメージが壊されることはなかったですね。舞台になった飛騨高山の風景もきれいでしたし、折木奉太郎役の山崎賢人さんもしっかり省エネ灰色高校生の奉太郎になってましたしね。
ちなみに、余談ですが、キムタクの『ヤマト』にはがっかりでした
坂の上の蜘蛛
2017/11/13 20:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
実写版『氷菓』 海と陸の間にある世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる